ポケモンGOで横浜スタジアム/横浜公園(マンキーの巣)へ

ふだんの生活圏ではまったく見かけないマンキーを捕まえたくて、「マンキーの巣」だと噂の横浜スタジアムへ行きました。

ポケモンセンターヨコハマの電気タイプ大会に息子を連れて行き、ちょこっと行ってみただけなんですが。普通に行くならJRの関内駅からすぐ、でしょうか。

20160820-01
球場周辺に行列ができていて、デーゲームかな? と思ったらなんとTUBEのコンサートの日だったようです。

横浜で2番目に古い公園と、日本で最初のスタジアム

20160820-02
横浜スタジアムは「横浜公園」の敷地内にある格好で、横浜公園は明治9年に整備された、横浜市の中で2番目に古い公園だとのこと(最古は明治3年に整備されたという山手公園)。なるほど噴水1つ取ってもずいぶんとしゃれた作りをしている(といいつつ、開園当初と同じものかはわかりませんが…)。横浜スタジアムは横浜公園と同時に整備された、日本の野球発祥の地なのだそうです。

肝心のマンキーですが、横浜公園「かくれているポケモン」にマンキーが表示されるのを確認したあと食事に行き、それから行ってみると、影も形もなくなっていました。

こういうときは少し時間を置いてみてみよう、と15ほど近くをぐるっと回って戻ってみてもいない。小一時間ぐらいは待ってみましょうか、と待つと「かくれているポケモン」に姿が現れるも、本体は見えず。どこだ…? と海側の公園のあたりを探し、横浜スタジアムの周囲をぐるぐる半周ほどったところで、ようやく…。

20160820-03
こんなところに出ました(濃い緑の中の丸いのが横浜スタジアム)。この後連続して近くで3匹発見しましたが、1時間少々かけて3匹となると、あまり効率がよくない…。

20160820-04
というか、たまの横浜、しかも近くにもっと見て楽しい場所もある街でこれ以上ハマスタとマンキーに固執するのも不毛に思われ、大さん橋などを眺めて周りました。

ほかでまず見かけないポケモンが出現する、という意味では横浜公園/横浜スタジアムは「マンキーの巣」ということでいいのでしょう。ただ、われわれが行ったときは、さほどたくさん出現する感じでなく、1回の訪問でオコリザルに進化できるほどアメを見つけるのは大変だという印象を持ちました。タイミングが違えば、印象もまったく違ったかもしれませんが。

20160820-05
すると、赤レンガ倉庫周辺で久しぶりのグレーの影を発見。これはリザード! どこだ!? と考える間もなく、100m弱ほど直進したら出現しました。赤い!!

「巣」をぐるぐるするのも悪くないけど、やっぱりこういう街歩き+不意の出会いも楽しいですね。リザードはおいしくゲットしました。

(この記事の情報は執筆時点のものです。今後変更になる可能性が大いにあります)

▼参考
横浜市 環境創造局 横浜公園(中区)
横浜スタジアムの歴史 | 横浜スタジアム公式サイト

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事