ポケモンGOで両国・横網町公園へ(おすすめ!)(ヒノアラシの巣)

久しぶりにPokémon GOメインで外出。両国の横網公園が、ジョウト御三家でもっとも出現率が低い(私の行動範囲調べ)ヒノアラシの巣になっているという情報をキャッチして行ってきました。

横網町公園は都内の公園の中でも非常にユニークで、学びの多い公園です。ここも「巣」になっているとは、やるねえと思いつつ家族で出かけました。

※この記事は執筆時点の情報に基づきます。「ポケモンの巣」の出現ポケモンは一定周期で変更されます。

相撲の聖地両国にありながら横綱ではなく横網(よこあみ)であり、「綱」と「網」の違いを知る機会にできるのが、ここでの学びの1つ。そしてもう1つは、ここが関東大震災と東京大空襲のメモリアルパークとなっており、追悼や資料展示のための施設を多数持っていることです。

正直なところ、ヒノアラシはちょっとレアすぎて落ち着かないんですが、何か好きなポケモンの巣になっているときにでも、一度眺めに行ってみて損はないと思います。


両国駅から横網町公園をのぞむとこんな感じ。


なんか久しぶりですね。公園にスマホを覗き込みながらウロウロする人たちがいっぱいいる光景を見るのは(それなりのポケモンが出る「巣」でもない限り見なくなった?)。

写真奥に見えるのが東京都慰霊堂という施設で、関東大震災の死者をまとめて祀ったあと東京大空襲の死者も慰霊するために拡張され、公式サイトによると実に16万人以上が祀られているとのこと。デカさに圧倒されます。


「東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑」。説明文がしっかりと書かれている(現地で写真部分をタップすると全文読めます)。Ingressのどなたかがしっかり書いてくださったのでしょう。


「東京都復興記念館」は関東大震災後の昭和6年に建てられたものだそうで、展示の大半は震災のもの。空襲関係の展示も一部あります。入館無料。


館内の様子。空襲にも耐えた建物の重厚さに、まず気が引き締まる思い。展示は当時の新聞記事や地図など資料性の高いものが多く、地図を見ていると震災時にも空襲時にも、このあたりが逃げ場のない被災地の中心だったんだろうなあと思いました。

ヒノアラシが気になってソワソワしていた息子もそれなりに展示に見入っていましたが、機会があったらまた行ってみたいと思います。


復興記念館外には震災時の火災被害でゆがんだ鉄の柱などの展示があり、これだけでも迫力がすごいしポケストップ密集地でもあります。

ヒノアラシの出現具合ですが、小一時間で10匹ぐらい発見したので(うっかりGO Plusのボタン押しちゃったのを含め3匹ほど逃げられましたが)、それなりにいいのではないかと思います。

1人で来ていたら数時間粘ってバクフーンになるまで集めていたかもしれないけど、まあ、根詰めずに楽しめればいいかなあ。そんなにハイペースでホウエン、シンオウが来るとも思えないし、来たら来たでもう諦めるしかないですし。

▼参考
東京都慰霊堂 | 東京都立横網町公園

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事