実録ミラクル交換1ボックス:サタデーナイトに水ポケモン編

ミラクル交換を1ボックス(30匹)行った記録を書いてみます。実施日は土曜日(2016年4月23日)の夜。ながら作業で、22:30ごろから1時間ほどかかっています。

完全に張り付いていれば30分ほどでできると思いますが、待ち時間が非常に長いので、テレビを見ながら、別の端末でゲームをしながら、あまり集中を必要としない細かな作業をやりながら、など「ながら作業」でのミラクル交換をおすすめします。

20160423-01-wonder-trade
まずは交換に出すポケモンを用意します。今回用意したのは、ヨーギラスとサイホーンの孵化あまり(厳選時の不採用個体)30匹。そんなに孵化あまりなんて持ってない、という場合は野生で捕まえた使わないポケモン数匹でも構いません。

20160423-02
淡々とミラクル交換していきます…。

20160423-03
で、1箱交換し終えた状態がこちら。ここから、各ポケモンをチェックしていきます。数匹だけミラクル交換した場合はも、一通り交換したら各ポケモンをチェックして、必要でない個体は再度ミラクル交換して…と繰り返していけばいいでしょう。

▼こちらも参考にどうぞ
ミラクル交換とGTSのコツ【ポケモン対戦入門】

私は必要のない個体は逃がしてしまいます。はじめは「にがす」ことに非常に抵抗がありましたが(「にがしてあげた」って表現でいいのか? とか、野生で行きていけるんだろうか? とか)、実際問題ボックスには上限があるので、細かいことを考えるのはやめました。

主にチェックするべきポイントは、以下です。

・レベル(1は孵化余り=高個体値の可能性が高い。中途半端なレベルは野生=低個体値の可能性が高い)
・特性(通常特性か隠れ特性か。隠れ特性はレア)
・性格(対戦で使える性格か、適当な性格か)
・持っている技(レベル1ポケモンが遺伝技を持っていたらラッキー)
・ボール(まれに特殊なボールに入ったポケモンが見つかる)
・マーク(厳選時にマークが付いていることがある)

▼こちらも参考にどうぞ
能力値(種族値、個体値、基礎ポイント)の仕組み【ポケモン対戦入門】

さて順番に見ていきましょう。ミラクル交換したポケモンをチェックするのが、個人的にはポケモンで1番目か2番目に楽しい時間かもしれません。

なぜジヘッドじゃないの? レベル51モノズ

20160423-04
最初は謎のモノズ。モノズはレベル50でジヘッドに進化するので、なんでレベル51でモノズなの? という謎があります。

ジャッジさんに聞いてみたところこれといって見どころのある能力値ではなく、もしかするとレベル50になったときうっかりBボタンを押して進化をキャンセルしちゃった→あわててひみつきちの「しゅぎょうバンバン」でレベルを上げたけど進化しなかった(「しゅぎょうバンバン」では確か進化や新しい技の習得がされないはず)→もうダメだと思って放流された、のかな? といった妄想ストーリーができあがります。

使える性格「ひかえめ」のメリープ。個体値も優秀

20160423-05
メリープです。最終進化系のデンリュウは特攻の高さが特徴で、性格「ひかえめ」で使うのが一般的ですから、対戦での採用率の高い「ひかえめ」メリープというだけで、対戦初心者はとりあえずキープです。しかもレベル1なので孵化あまりの可能性も高い。

ジャッジさんに聞いてみたところ、このメリープの個体値はC抜け5V(特攻個体値以外は最高値)でした。特攻個体値が低いのは残念ですが、彼は♂なので、ほかの種族の卵を作るときにも使えます。タマゴルグープ「陸上」または「怪獣」の物理を得意とするポケモン(例えばフカマルやボーマンダ、バンギラスなど)の卵を作るときには、大いに重宝するでしょう。

しかも海外(他言語)産なので、いわゆる「国際孵化」となり色違いの生まれる可能性も高まります。

珍しい幻のポケモン「フィオネ」

20160423-06
これは珍しい、通常の手段では入手できない幻のポケモン「フィオネ」です。マナフィとメタモン(またはフィオネとメタモン)で卵を作ると生まれてきます。珍しいとはいってもミラクル交換ではそれなりに流通していて、たぶん300匹ぐらい交換していれば手に入るんじゃないかなと思います。

隠れ特性「サンパワー」のヒトカゲ

20160423-07
今回のミラクル交換ではヒトカゲが3匹もやって来ましたが、こちらは2匹目。特性「サンパワー」は隠れ特性です。まだ持っていなかったら、キープです! 見慣れない特性を持ったポケモンがいたら、検索するなどして隠れ特性かどうか確認してみましょう。

ダイブボール入り、遺伝技ありチョンチー

20160423-09
このチョンチーはなかなかポイントが高い。レベル1でダイブボール入り(左上の入っているボールがダイブボール)、そしてレベル1なのに技を4つ覚えていて、このうち「みずびたし」は遺伝技としてしか覚えられないものです。

ダイブボールに入ったランターンを作るために厳選されていた孵化余りでしょう。残念ながら♂なのでボールを遺伝させることはできませんが、「みずびたし」はおもしろい技なので、いつか使いたくなるときのためにキープしておくといいです。

メガリザードンXに適した遺伝技を持つヒトカゲ

20160423-10
このヒトカゲは、よくわからないヒトカゲです。レベル1で覚えている技は4つとも遺伝技(「りゅうのはどう」はわざおしえでも覚えられますが、ほか3つは遺伝のみ)。中でもフレアドライブはメガリザードンXにとって重要な技です。

ただ、性格が「のうてんき」(防御↑ 特防↓)であまりメガリザードンX向きではないし、メガリザードンX向きの遺伝技ならば「りゅうのまい」や「げきりん」もほしいところですが…。まあでも、ありがたくキープです。

海外産コフキムシはキープしてビビヨンに育てたい

20160423-11
コフキムシはポケモンX・Yだけで捕まえられるポケモンで、ユーザーの住む地域によって、最終進化系であるビビヨンになったときの模様が違います。とりあえずキープしておいて何匹か貯まったら育ててみましょう。レベル12でビビヨンになるので、育てるのは簡単です。

過去作の「ガンテツボール」入り、遺伝技も充実のペラップ

20160423-15
今回のミラクル交換で手に入った中で、いちばん手がかかっていそうなポケモンが、こちらのペラップです。性格はペラップの特徴が対戦で生きる「おくびょう」。性格「するどいめ」も問題なし。「ばくおんぱ」「アンコール」「わるだくみ」と重要な遺伝技も覚えている。そして、何より珍しいのが、左上のボールです。

これは、金銀、またはハートゴールド・ソウルシルバーでだけ手に入る「ガンテツボール」の一種「ルアーボール」のようです。こちらのペラップも♂なので自分で孵化するときにボールの遺伝ができないのが残念ですが、非常に貴重だと思います。ちなみに、ボールが違うと戦闘時にボールから出るときのエフェクトが変わります。

そんなこんなで、30匹ミラクル交換したうち、おもしろい見どころのあるポケモンは7匹。アタリ率20%少々という感じでした(遺伝技などは、すでに持っていたら不要の可能性もありますが)。私は以下のようにボックスを分けてポケモンを整理しています。

「すばらしい」:高個体値や有用な遺伝技を持つ、厳選の親として使える個体
「かいがいおや♂」:国際孵化用に使える海外産の高個体値♂ポケモン
「かくれとくせい」:個体値が低くても隠れ特性を持つ個体

で、欲しいポケモンができたときにボックスの中から探して使います。多くのポケモンが貯まってくればそれだけ厳選をショートカットできる可能性が高まり、戦術の幅も広がります…と言いたいところですが、欲しい特性や遺伝技のポケモンは得てして持っていなかったりすることも多いもので、なかなか難しいところです。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事