WCS 2018(VGC 2018)ルールが公開。アローラシンボル必須の全国ダブル

(追記2017.12.10)

WCS 2018ルールが公開され、ダウンロードも可能になっています。アローラシンボル必須の全国ダブルでメガシンカもあり。持ち時間5分です。

配信レギュレーション「ポケモンWCS2018」Pokémon Global Link


海外のpokemon.comで、WCS 2018で使われるルールの概要が発表になりました。

A New Video Game Championships Format for 2018 | Pokemon.com

アローラマーク全国ダブル。メガシンカあり

ざっくりとポイントを拾い読みすると、

  • ウルトラサンムーン使用のダブルバトル
  • 全ポケモンが使用可能ですが、アローラシンボル必須
  • 伝説・幻のポケモンとサトシゲッコウガは禁止
  • すべてのポケモンはレベル50になる
  • プレイヤーの持ち時間は5分

基本はいわゆる「全国ダブル」。メガシンカ禁止とは書かれていないのでメガシンカもOKと解釈されるようです。

アローラシンボル必須とのことで、ランドロス、ヒードラン、クレセリアのような(孵化できない)準伝説ポケモンの面々は、ウルトラサンムーンで捕獲可能か否かによって出てくるかどうかが変わります。


この「ウルトラホール」の先で何が出ても別に不思議じゃないような、何でも出るんじゃ台無しなような…。

また、ウルトラサンムーンに「わざおしえ」施設があってポケモンの使える技(教え技)が増えるかどうかもポイントとなるでしょう。サザンドラとかボーマンダで追い風ができるのか? 「こごえるかぜ」や「トリックルーム」などを使えるポケモンも増えるのか、否か…。

個人的には、2017年の各種イベントで「ORAS以前の過去作所持によるアドバンテージは作らない」というポケモンの強い意志を感じていたので、それが貫徹された形なんだなと思いました。あとはこの「プレイヤーの持ち時間が5分」というのがどんな感じなのか…。WCS 2017では10分でしたが、さらに半分です。

2017では時間不足が気になったことはありませんでしたが、5分というのはどうなんだろう? Z技やメガシンカ、各種ギミックを組み合わせて高速で展開し、制圧する形が必要という感じになるのでしょうか。

詳細なルールは2017年12月に掲載され、2018年1月1日より、すべての公式ルールが切り替わるとされています。

息子も何かよっぽどのことがない限り、ナッシュビル(WCS 2018)目指して頑張るでしょう。とりあえずは準伝説ポケモンの厳選から開始という感じになるのでしょうか。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事