ポケモン新作「ソード/シールド」の舞台は長野? イギリス?

お久しぶりです。ポケモンの新作「ソード/シールド」が発表になりましたね。Switchの完全新作で、発売は2019年冬だとか。例によって11月後半あたりでしょうか。

発表の動画を見ていたとき、舞台の「ガラル地方」のビジュアルが細長い盆地に見えたので、これは長野では!? いや奈良か? 京都かも? と思いました。

とはいえ、関東、関西、九州、北海道からニューヨーク(ブラック・ホワイト)、フランス(XY)、ハワイ(サンムーン)と来て、長野に戻る合理的な理由がまったく思いつきません。

よく見れば盆地じゃなくて島になっているし、Twitterなどによると、イギリスということで決まりのようですね。さほどグレートッブリテン島と似ているわけではないものの、縦長だし。

ポケモンをやるようになったばかりの頃、ポケモンって3年そこそこで世代交代して新ポケモンがごっそり出て、なんて進化が早いんだろうと思っていました。でも、今の感覚としては3年周期って別に早くはないですね。

サンムーンの発売当時、息子は小学4年生でしたが、今は小6。ソード/シールド発売時には中1ですよ。長い。特にサンムーン発売から今まで、いろいろなことがありすぎました。

順当に行くと、息子の中学時代は剣盾および第8世代と共にある、という感じになりそうです。高校時代は第9世代、大学に行ったら第10世代となるのかなあ… (そこまでポケモンを続けるのかはわかりませんが) 。

3年て、ぼんやり過ごすには長いけど子供は急速に成長していくものですね、と、あらためて思っています。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事