サンムーンではジムに代わって「島めぐり」の「試練」「大試練」がある?

ポケモンでは各シリーズとも8つのポケモンジムを巡ってバッジを集め、ポケモンリーグに挑む流れが恒例ですが、サン・ムーンではそうでなくなるかもしれません。

公式サイトによると、ポケモンジムの情報はまったく出ていないわりに「アローラ地方で独自に発展してきた文化の一つに、4つの島をめぐる儀式「島めぐり」がある。」という説明があります。

すでに公開された4人以外にも試練の案内役「キャプテン」がいる

アローラ地方の子供が一人前のトレーナーへ成長するための行事、いわば通過儀礼として「島めぐり」が設定されており、4つの島には「試練」があって、試練の案内役はすでに動画で紹介されているスイレン(水)、マオ(草)、マーマネ(電気)、カキ(炎)の4人のほかにもいるとのこと。もしかしたら全部で8人にいて、従来のジムと同じような感じになるのかもしれません。

アローラ地方に伝わる儀式「島めぐり」|『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

試練の最後は「ぬしポケモン」とのバトル。

「試練」の内容は道具探しや知恵比べなどさまざまで、試練の最後には必ず「ぬしポケモン」とのバトルがあるそうです。その1には、動画で公開されている「デカグース」とのバトルも。

デカグーズが仲間を読んでヤングースが現れるシステムは「乱入バトル」と呼ばれ、試練以外でもまれに乱入バトルが発生するそうです。

高度なコンビネーションを繰り出す「乱入バトル」|『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

島の最後は「しまキング・しまクイーン」との「大試練」

アローラ地方の4つの島ごとに「しまキング」または「しまクイーン」がいて、島の試練すべてを達成したあとでしまキング・くーんとのバトルに勝つことで、その島の試練をすべて達成したことになるそうです。

つまり、サン・ムーンでは、1つの島ごとに複数あるらしい「試練」(さまざなな条件のクリア+ぬしポケモンとのバトル)をクリアし、最後にしまキング・クイーンとのバトルに勝つことで、その島をクリアすることになるようです。

主人公が最初にひっこしてくる「メレメレじま」、そして2番目に行く「アーカラじま」の名前が公開になっています。

島の長たちに挑戦する「大試練」|『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事