ポケモンセンター配信「色違いレックウザ」(レベル100)の厳選と育成

ポケモンセンタースカイツリータウンの開業を記念して、2016年7月6日~9月4日に全国のポケモンセンター、ポケモンストアで配信される「色違いの黒いレックウザ」の厳選に関する情報です。配信対象はオメガルビー・アルファサファイア(X・Yは対象外)となっています。

レックウザの種族値

レックウザのメガシンカ前後の種族値は以下です。

HP:105
攻撃:150→180
防御:90→100
特攻:150→180
特防:90→100
素早さ:95→115

攻撃力は極めて高く、耐久は伝説のポケモンとしては低め。ドラゴン・飛行タイプで氷技が4倍弱点であるほか岩、フェアリー、ドラゴンとメジャーなタイプの技が弱点で、かなり脆い印象があります。

メガレックウザの特徴、使える技、おすすめの性格

レックウザは、メガストーンを持つことではなく技「ガリョウテンセイ」を覚えていることでメガシンカできるという特殊なポケモンです。そのためアイテムは自由に選ぶことができ、耐久が低くても「きあいのタスキ」を持って一撃では倒されないようにして使うことも可能です。

メガシンカすると素早さ種族値は115とかなり速い部類になるため、素早さにプラス補正をかけた性格で使われることが多いようです。

また、物理技では「ガリョウテンセイ」(飛行・120/100)や「しんそく」(ノーマル・80/100。優先度+2の超強力な先制技)、特殊技では「りゅうせいぐん」(ドラゴン・130/90)のほか、飛行技やドラゴン技を受けようとする鋼タイプに刺さる「オーバーヒート」(炎・130/90)など物理・特殊ともに強力な技を覚えるので、攻撃にも防御にもマイナス補正をかけない両刀タイプで使われることも多いです。「りゅうせいぐん」や「オーバーヒート」で特攻が下がってしまっても物理でまだ殴れるというのも強いですね。

性格は、物理技だけで使うなら「ようき」(素早さ↑ 特攻↓)、両刀なら「むじゃき」(素早さ↑ 特防↓)がいいでしょう。

両刀型で素早さも落とせない場合には防御か特防にマイナス補正をかけるしかありませんが、先制技の多くは物理技なので、先制技でやられる可能性を減らすために特防の方にマイナス補正をかけるのが一般的だと聞いたことがあります。

参考までに、ポケモングローバルリンクでレーティングバトルで使われているレックウザの性格を見てみると、こんな感じで「ようき」が最多、次いで「むじゃき」でした。
20160707-02

レックウザは耐久が低いので、物理、特殊の両方行けるように性格は「むじゃき」で、防御や特防の個体値はあまりこだわらなくてもいいというのが持論です。が、9月の「チャンピオン決定戦」で使えるボルケニオンの主要な技(炎・水)は両方半減できるため、耐久の個体値にもしっかりこだわっておく価値はあるかもしれません。

▼チャンピオン決定戦の詳細
全国のポケセンで配信する色違いレックウザを使ったバトル大会開催【2016年9月3、4日】

レベル100レックウザの能力値の目安は以下です。

20160707-03

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事