色違いヒンバス誕生→ミロカロスに育成【画像あり】

気付いたら色違いのヒンバスが生まれていました。

20151110-01-shiny-feebas

色違いバンギラス入りパーティに加える性格「ずぶとい」のミロカロスを今度の週末に作ろうと思って、性格だけ調整しておこうかなーと卵を孵していたら、3匹目にこれです。

しかも2匹目と5匹目は隠れ特性でA抜け5V(攻撃以外が最高値)のほぼ理想個体でしたので、週末に作る必要はなくなりました。

実は以前にも色違いのミロカロスを作ろうとして、あのときは500匹ぐらいは国際孵化で粘ったかな…。それくらいで諦めていました。そんな経緯からの思わぬタイミングに、「あれ?」と声が出てしまいました。

20151110-03

ヒンバス→ミロカロスへの進化は「きれいなウロコ」を持たせて通信交換ですが、そんなにウロコの在庫はないので、「うつくしさ」を上げてレベルアップさせる方にしました。青い木の実でポロックを作りまくり、「あおいポロック」なら22個、「すごいあおいポロック」なら11個あげれば、レベルアップの条件を満たす「うつくしさ」に到達できるようです。

20151110-04
おや!? ヒンバスの ようすが……!

20151110-02-shiny-milotic
テレレレッテレーーーン! レベル5ミロカロスが誕生しました。

特性は「メロメロボディ」だったので、「とくせいカプセル」で「かちき」に変更しました。

ところで、ミロカロスは水タイプで細長いので川の名前をニックネームにしようかと思ったのですが、それでは「艦これ」ではないかと思ってやめました。「しなの」とか「あがの」とか。ORASの舞台であるホウエン地方は九州がモデルだそうなので、九州の水に縁がある地名で考えることにします。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事