渋谷パルコ「ポケモンカフェ」に行ってきたので、混雑具合や料理などをレポートします

オメガルビー・アルファサファイアの発売を記念して、渋谷パルコに2月末までの期間限定で「ポケモンカフェ」がオープンしたということで、行ってきました。大変でした。

iPhoneのカメラには無理のある撮影条件の場所(明暗差が激しい等)でイマイチな写真が続きますが、取り急ぎ、混み具合やメニューの感想などをレポートしたいと思います。

▼ポケモンのオフィシャルサイト
渋谷パルコに「Pokémon Cafe ΩRuby&αSapphire」が、期間限定オープン! |ポケットモンスターオフィシャルサイト

▼パルコのサイト
ポケモンカフェ Pokémon cafe Ω Ruby & α Sapphire | OTHER SPACES | パルコアート.com

朝の10:30に並んで18:00前に入店

「ポケモンカフェ」は1月9日からスタート。われわれが行ったのは11日。朝の10:30に並んで、11:00から整理券を配布開始。整理券を入手したのが12:30過ぎぐらいだったかな。「よーしポケモンカフェで食事をするために、どこかに昼飯に行くか!」という、わけのわからない状況になりました。行列の先頭は早朝組で、さすがに徹夜組はいなかったそうです。

11:00の時点で、パルコの7階から1階まで階段に行列ができ、行列整理の係の人が、今から並んでも19:00ぐらいでないと入れませという話をしています。われわれの段階では17:00ぐらいとのことでした。

20150111 02

整理券の発券所までたどり着くと、今度は店員さんから「皆さんの順番だと今日中に入店できない可能性があります」とのお話。おいおい露骨に話が違うがな、と聞いてみると、店では1時間制限を設けているが、すべての客が1時間フルに滞在した場合はアウトの可能性もありますとのこと。

一応、免責事項的なところなのでしょう。一方で、行列整理の人は平均的な滞在時間から計算して案内をしていたようです。

入店時間の案内を受け取るためにQRコードリーダーが必要

整理券にはQRコード(二次元バーコード)が印刷してあり、これを読み取ったメールアドレス
にメールをすると、入店可能になったらメールで案内します、というシステムでした。

妻がQRコードリーダーを持っていたため大丈夫でしたが、私はQRコードリーダーをiPhoneにインストールしていないので、1人だったらここで途方に暮れるところでした。

実際に入店できたのは、夕食時となる18:00少し前。17:00ごろに様子を見に行ったところ入店可能の案内が入る直前だったということで、そこから入店待ちの行列に並び、1時間ほどで入店となりました。

20150111 13

入店時、最初に撮影ブースで写真を撮ることができます。スポットライトが当たった撮影ブース中央が明るすぎてバックが妙に暗く見えますが実際にはそうでもなく、ピカチュウのパーカーやカチューシャなど、なりきりグッズを使って記念写真が撮れます(店員さんにお願いすればシャッターを押してくれるようです)。

グッズ購入だけの利用もOK

20150111 12

入り口の脇には物販ブースがあり、物販だけの利用もOKとのこと。

20150111 11

販売物の多くはポケモンセンターでも買えますが、ポケモンカフェオリジナル商品もあります。ランチバッグセット、クリアファイル、メモ帳、ハンカチ。

ようやく入店。内装がすばらしい

20150111 03

朝からの苦難を乗り越えて入店すると、そこにはポケモン天国が……!!!

20150111 04

ピカチュウのオス・メスが描かれたタペストリー。

20150111 05

オメガルビー・アルファサファイアの新要素「おきがえピカチュウ」シリーズのぬいぐるみ。

20150111 06

結婚式のウェルカムドールめいたピカチュウなど。

料理はたぶん「モンスターボールシュークリーム」とパンケーキ、ドリンクがおすすめ

メニューを見るとフードメニューが充実していますが、料理はどうも「あくまでもビジュアル重視のものです」という理解でいただくのがよさそうでした。

20150111 07

こちらは私の注文した「ピカチュウも大好きハンバーグ!サラダにはポロック!?ふしぎなアメでレベルアップ!!」。ピカチュウの耳の黒い部分にチョコレートが使われていたのには驚愕しました。甘めのデミグラスソース&チョコ部分はわずかなため、さほど違和感なく食べられましたが。

右にある水色の折り紙をクシャッと丸めたものが「ふしぎなアメ」だと思うんですが(ゲーム中、水色の包み紙に包まれたアメとして出てくるので)、写真であらためて見ると、もう苦笑しか出ない感じですね。中に入っていたのは、なぜか小さなチーズ。あれ、アメは……?

20150111 08

一方、ふぎしなアメに隠れていたモンスターボールの細工はすごく凝ってました。うずらの卵とプチトマトをくっつけて海苔で巻き、ボタン部分はモナカで作られています。

20150111 10

こちらは「決め技“だいもんじ”!ゲンシグラードンのマーボー豆腐」。グラードンの再現は諦めて「大」の字の人参とモンスターボール状の豆腐をメインにした結果、見た目から想像できる味で、おいしいです。

ほかのお客さんの様子など見るに、おすすめしたいメニューは次の3つです。

●ピカチュウのあま~いパンケーキ

持ち帰りできるマグカップが付いた、標準的なパンケーキ(パンケーキというよりも、スポンジケーキのように見えなくもない)。ほかのメニューがけっこう料理としては大胆なモノで、めんどくさい好き嫌いがある息子には難度が高かったなか、こちらは安心して食べさせられました。

●モンスターボールから登場!! ピカチュウのモンスターボールシュークリーム

「モンスターボールから登場」という紹介文のフレーズがあるのをさほど気にしていなかったのですが、モンスターボール状の巨大なドームカバーで料理が届き、目の前で開いて料理が出てくる演出がすごい。なんでこれだけここまで凝ってるの? という感じでした。知っていたら頼みたかったなあ。

なお、オーダーは行列中に行い、その後追加や変更はできませんというシステムでした。

●ドリンク全般

4種ありながらコーヒー系と炭酸系しかないので、小さい子供には合う選択肢がないかもという感じなんですが、ドリンクを注文したときにもらえるオリジナルのコースターの実物を見るとデザインがとてもよくて、頼んでおけばよかったなあと思いました。

なお、オーダーは行列中に行い、その後追加や変更はできませ(以下同文)。

小さい子連れというよりも、デートや友達同士向けかな?

おおまかなレポートは以上です。渋谷パルコという場所、メニューの内容、そしてオリジナルグッズの品目から考えるに、小さい子供連れのファミリーよりも、デートや、友達同士でといった年齢層高めの客をメインと考えているように思いました。

2014年の夏に六本木ヒルズで行われていた「ポケモンXY展」ではわかりやすい「お子様セット」があったのに、こちらでは用意されていません。そして、整理券をもらってから入店までの時間を渋谷で潰すのが、けっこう難しい(渋谷って子連れのファミリー向けの施設が少ないと思う)。

とはいえ、お店はにぎやかで楽しいです。お店を覗いて物販のあたりだけ眺めてみたり、もう少し時間が経って混雑がやわらぐのに期待して待ってみたりするといいのかなと思いました。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事