【ポケんち第46回】ポケモンバトル対決! 栗原類 vs.佐香智久

今回のゲストは佐香智久さんと栗原類さん。第34回でも行った「PQ」で対決します。

Q1:バラバラの絵クイズ
Q2:絵の中に隠れたポケモンを探すクイズ
Q3:ぬいぐるみを目隠しして触って当てるクイズ
Q4:モンコレを目隠しして触って当てるクイズ

Q3、Q4は見てる側ではどの程度の難度なのかよくわかりませんでしたが、しょこたんが外してしまうのも無理はない感じでしたし(Q3)、佐香さんすげーという感じ(Q4)でした。栗原さんゲストの回は本気感が高まっておもしろい。

対戦は栗原さん対佐香さん。多彩な使用ポケモンや技で、本当にかなりやりこんでいる感じがするお2人の対戦です。

栗原:トゲキッス、ヤミラミ、ゲッコウガ
佐香:エルフーン、シャンデラ、ピクシー

佐香さんのエルフーンが、スカーフ搭載の可能性が高いトゲキッスに「やどりぎのタネ」からの、エアスラを1発耐えて「どくどく」を撃って、実質的にほとんど意味のある行動をしないまま倒れます。次のシャンデラもひるみで行動できないまま倒れ、佐香さんのピクシーが出てきたところで、トゲキッスはヤミラミに交代。

「ちいさくなる」を1回使ったピクシーに対してヤミラミが「ちょうはつ」でトゲキッスが「トリック」をしてムーンフォースを連打するスカーフピクシーが完成。結果的には非常にきわどい戦いでしたが佐香さんがピクシーで3タテした格好での勝利となりました。

これは栗原さんが悠長すぎたと言えますが、実際にはショーとしてあまりにも面白みに欠ける「スカーフトゲキッスで3タテ」をしそうになっちゃって焦ったのかな? という気がします。

一方で佐香さんも何をしたいのかよくわからない構築でしたね。エルフーンかシャンデラで「おきみやげ」からのピクシー「ちいさくなる」MAX積み予定だったのかな? だとしたら、いわゆるひとつの害悪(スカーフキッスでずっと俺のターン戦術)vs.害悪(ちいさくなって当たりません戦術)対決で、先に雑念が入った栗原さんの負けというところでしょうか。深い。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事