【ポケんち第37回】おおむね小島よしおさんしか記憶に残らない回

以前から小島よしおという人はスゴイと思っていましたが、ポケんちでもスゴかった。

まず視覚的なインパクトが強烈。自分のルックスやネタにうまーくポケモンネタを入れ込み、特別ポケモン好きというわけでもなさそうでしたが(1980年生まれだそうで、初代ポケモンが出たときには高校生と、ポケモンに触れる機会がなかった世代の下限ぐらいかもしれません)、見事に盛り上げていました。汎用性が高い(あらゆる意味で)ということでもあるんでしょうが、研究熱心さとサービス精神がすごいなと思いました。

4777817342

コメントもリアクションのキレも、ほかの男性陣を数段上回っていたのではないでしょうか。終わってみると小島よしおさん意外の記憶があまりなく……いや、イチオーカ博士こと市岡元気さんの科学実験はもちろん見ていましたけども、武井壮さんとあばれる君の印象が残るべき領域にもリアル海パン野郎しかいないというか、ヒャダイン氏もすごく常識的なことしかしていなかったような…(別に悪くはない)。

今回はバトルなし。最後に出てきたポケモンガオーレのやたらとでっかい筐体もインパクトがありました。妖怪ウォッチのカードダス「妖怪うきうきペディア」に一時期息子がハマったとき、これはあらゆる面でポケモントレッタを超えてるなーと思いましたが、ポケモンガオーレはあらゆる面で妖怪ウォッチを圧倒するんだなーというか、あの手のゲーム機のイノベーションが激しいということなんでしょうか。よくわかってませんけども。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事