【ポケんち 第15回】佐香智久さんチルタリスを語り、食す(!)/松本梨香さんスタジオライブ

ゲストは最近のアニメのテーマソングでおなじみ佐香智久さん。2、3回目でしたっけ? 草食系男子ふうのルックスからの熱量の高いポケモン語りに、本物だなこの人! と思った覚えがあります。

B00U9MYOKG

しょこたんから「ヘンタイですね」と合いの手が入る程度のチルタリス語りからの、あばれる君がコスプレしーの、メガチルタリスの綿飴という、いつになくこなれた感じの流れでした。

佐香さん vs. ヒャダイン氏、ポケんち史に残る戦い(?)

バトルは佐香さん vs. ヒャダイン氏で、選出は以下。

佐香さん:チルタリス(メガ)、ナットレイ、ゲッコウガ
ヒャダ氏:ゲッコウガ、ゲンガー、ガルーラ(メガ)

けっこう長かったようで全体が放映されませんでしたが、序盤はチルタリス&ナットレイと特殊型ガルーラ&ゲンガーでの読み合いで、組み合わせ的に佐香さんの方が不利だったなあという印象でした。

特殊型ガルーラは火力が出ないものの、まさにナットレイやら氷に弱いドラゴン系やらの対策としてパーティに加えられるわけですから、ヒャダイン氏からすればうまいハマり方になってたなと。おそらく普通のガルーラならば勝算があった選出に特殊型ガルーラがハマった、編成の勝利と言えるのではないでしょうか。

最後はCMを挟んでゲッコウガ対ゲッコウガ。序盤の引き方や最後のとどめも「けたぐり」だったところを見ると、おそらくヒャダイン氏のゲッコウガは「こだわりスカーフ」持ちの物理型だったのでしょう。中盤までであまり動かず、手の内が見えていなかったのが功を奏したかもしれません。

結果論で言えばヒャダ氏のゲッコウガが「こわだりスカーフ」+「けたぐり」で来るなら、佐香さんのゲッコウガが「かげうち」を覚えていれば完封できました。が、悪技で来られたらそれでは勝てず……。

難しい局面であはあったもののHPフル&「きあいのタスキ」持ちの佐香さん側が基本有利と言えた対面で、相手の手が何であってもまず1発では倒せない「ねっとう」を選択してしまった消極的な選択が勝ちを逃がしたかな。

それ以前に、ヒャダイン氏が佐香さんのレギュラーメンバーをよく研究して対策してきたなという印象もあり、テレビで見えている以上に熱い戦いだったのだろうと思います。最後にちょっと感想戦みたいなのがあってもよかった感じがしますね。

松本梨香さんと「XY&Z」を熱唱

バトル後には、サトシ役の声優の松本梨香さんが登場して、キャラソンプロジェクトCDの告知&アニメのテーマソング「XY&Z」をノリノリで熱唱でした。キャラソンCDは全体を佐香さんがプロデュースしていて、初回限定盤にはDVDと「サトシゲッコウガ」のトレッタ付き! 発売日は2016年1月20日。

これは息子が喜ぶなあ。ただ、CDプレイヤーがもう家にないんですが(iTunesに取り込まねば)。ちなみに、これを書いている時点ではAmazonの商品情報だと3,000円近い値段が出ますが、「佐香さんのサイトの情報」等によると、初回限定盤も1,600円で買えるようです。どうなってるのかよくわかりませんが、ご注意を。

▼関連:買いました
サトシゲッコウガのトレッタ付き「『ポケットモンスターXY&Z』キャラソンプロジェクト集vol.1(限定盤)」

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事