「ポケんち」第9回。IMALUさんとイーブイズのバトル

今日の「ポケモンの家あつまる?」は、2015年11月19日にオープンした「ポケモンEXPOジム」の紹介からスタート。いいなー行きたいなー。ヒャダイン氏の微妙にこなれていない感じの現地レポーター風口調と、スタジオ内よりもいききとした大谷凛香さんが印象的でした。

スタジオのゲストはパンサー向井さん(名前「慧」から子供のころのあだ名は「ポケモンマスター」)とIMALUさん(留学中、日本から来たからというだけで「ピカチュウ」というニックネームに)で、対戦は、あばれる君 vs. IMALUさんのイーブイズ(イーブイと進化形)限定バトル。ゲストのトークがあって、毎回どこかで対戦して、という形は面白いですね。ところでアントニーは!?

IMALUさん側の最後の1匹になったイーブイが、「こらえる」&「じたばた」であばれる君のシャワーズ、リーフィア、ニンフィアを3タテするという展開でした。「こらじた」と呼ばれるヤツですが、これ、「じたばた」は遺伝技で覚えさせるにはひと手間かかるし、あばれる君のポケモンのどれかが先制技「でんこうせっか」を持っていたら負けなので、実際の対戦で使うにはかなりリスキーです。

▼遺伝技についてはこちら
ポケモン厳選と遺伝の方法【ポケモン対戦入門】

ロバート山本(先生?)とりんかさんのポケモン対戦講座的なものは最後に毎回少しずつ入るようになるのかな。リザードンの技構成を見直してさまざまタイプの相手に対応できるようになろう、ということで、山本先生のおすすめ(メガリザードンY)は「オーバーヒート」「エアスラッシュ」「ソーラービーム」「きあいだま」という構成でした。

対人対戦用としては典型的な構成だけど、バトルハウスだと命中が低い(100でない)技は外して連勝ストップの可能性があるので極力使わないほうがいいし、特攻が下がるオーバーヒートは、とにかく連勝が必要なバトルハウス向きでないと思うんだけどな。先生の意図がちゃんと番組に伝わってるんでしょうか……などと思ってTwitterを見にいったら(ロバート山本(@yamamotoperoshi)さん)、ご結婚の報告がされていました。おめでとうございます!

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事