ポケモンGOの公開は近い!? プレス向けデモを実施

先ほど、息子がどこから聞きつけたのか「ポケモンゴーっていうのが今度出るんでしょ? いつ出るの? やりたーい」とか言い出してさすがに驚いたというか、どうしたもんかと思いました。いつ出るのかはこっちが知りたいというか…。

そんなPokémon GOですが、プレス向けにデモが行われたようで、いくつかのWebメディアに記事が出ています。

街で遊ぶポケモン『Pokémon GO』、フィールドテスト版を体験してみた – ケータイ Watch
『Pokémon GO』テストプレイ、現実世界でポケモンをゲット!ポケモン+IngressなARゲーム – Engadget Japanese
『Pokémon GO』ついに手の届く距離にポケモンが現れたプレスデモツアーに潜入!  [ファミ通app]

どうも各媒体とも同じ端末を写真に撮っているように見えるので、デモ端末は1台だったのかもしれません。それ以外で掲載可能な画面写真は2016年5月27日に公式サイトに出たものがすべてのようです。

ということで、あまり目新しい情報はありませんが、ファミ通appに質疑応答のまとめがありました。

この日、予定されていた1時間のプレスツアーも終了の時間が迫り、各メディアからはいろいろな質問が須賀氏に投げかけられた。
なかでも興味深かった回答はこちら
・移動距離の測定速度は徒歩を想定している
・現在のフィールドテスト版以外の機能もある
・タマゴからかえるポケモンは、そのエリアに生息しているポケモンとは異なる場合がある
・現在、登場するポケモンは100種類以上
・バトルはジムに向けて仕掛けるもの(PVでプレイヤーに挑んでいるように見えるシーンがあるがじつはあそこがジムだったことが判明)
・トレーニングはジムの近くにいないと行えない
・プレイヤー参加型の大きなイベントも検討中
・たくさん課金だけすれば強くなるというものではない
・さまざまなチャレンジを達成することで手に入るメダルもある
『Pokémon GO』ついに手の届く距離にポケモンが現れたプレスデモツアーに潜入!  [ファミ通app]

卵のシステムが謎めいていますね。画面写真を見る限り今のところ登場するポケモンは初代の151匹だと思われますが、その中から何匹かは欠けているかもしれません(ミュウとか)。

いずれにせよ、プレス向けイベントまで始めたということは、リリースまでのスケジュールがある程度見えてきたのではないかと想像します。公開まで話題をつなごうという意図でやるのが普通ですからね。もっとも2016年もあと6カ月なので、見えるも見えないもない感じではありますが…。

で、ポケモンGOは小学生にどうやって触れさせるのが適切なものになるのか? わりと切実な問題になってきました。

真面目な話、ポケモンGOを機に小4にスマホを買ってあげようというつもりはありません。が、何らかの形で一緒に遊ぶのはぜひやりたい。親と一緒でPokémon GO PLus(腕につけるやつ)を持たせれば遊べるとか、サンムーンと何かしらの形で連携するとかは考えられますよね。そのときプレイヤー登録はどうなるんだろ?

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事