Pokémon GO Plusは「買い」なのか? メリットと使いどころの難しい点

Pokémon GO Plusを昨日から使ってみて、わりと「これまでのプレイをそのまま便利にする」という素直な位置付けのデバイスでもないんじゃないかな? という気がしてきています。

タマゴの孵化や相棒ポケモンのアメに影響する移動距離が増えやすいので、あった方が便利なことは間違いないんですが、プレイスタイルによっては邪魔になることもあると感じます。

Pokémon GO Plusの光と振動のパターン

●青&短い振動(ブルッ、ブルッ…)→ポケストップ
ボタンを押すと道具を取った数だけ振動
バッグが一杯の場合や途中で離れてしまった場合などはブブッと1回振動

●緑&長い振動(ブーーーーッ、ブーーーーッ)→ポケモン
※図鑑に未登録のポケモンの場合は黄色だそうですが、黄緑? という感じです
ボタンを押すとボールを投げる
→ブルッとモンスターボールが揺れるような振動(最大3回)
→捕獲できたら5回振動
→逃げられたらブブッと1回振動

ということで、振動具合で状況がわかるようになっています。スマホ本体のアプリもポケストップの接近をバイブで知らせてくれたらいいのに(余談)。

ポケモン捕獲率はあまり高くない

最初に難点・デメリットを挙げておくと、ポケモンの捕獲率があまり高くないです。おそらく「モンスターボール1個投げて捕まえられるかどうか」の判定しかしてないんじゃないかという感じで、きちんと数えていませんが5割は切ってると思います。

Pokémon GO Plusを使うときは基本的に画面は見ないので、何を捕まえて何に逃げられたのかはわかりません。あとで「ぼうけんノート」を見ると、逃げられたポケモンが載る場合と載らない場合があるようです。

さっきは「パラセクトに逃げられた!」と出て「ああ、(野生の姿を)見たかった!」と思ったんですが、超レアなポケモンを知らずに逃がしていたらショックが大きそうです。

ある日開いて「カビゴンに逃げられた!」とか出ていたらかなり落ち込むだろうな~。ここは「それはそれで諦める」と割り切りが必要なのでしょう。

捕獲の試行回数が増やせるかも

私は見かけたポケモンは全部逃がさず捕まえることを目指してプレイしているので、上記のような点を非常にもどかしく感じます。

でも、ふだんは手数をあまりかけず見逃すポケモンも多い人なら、Pokémon GO Plusの「ボタンを押すだけ」という手軽さは試行回数を増やすことになり、捕獲数も増えるでしょう。

移動中など、まめに操作できないときもボタン1つでアイテムを取ったりモンスターボールを投げたりできるのは非常にいいです。おそらく自転車移動のときも便利に使えるでしょう。

ちなみに電車移動時は、Pokémon GO Plusが反応して振動してからボタンを押しても通り過ぎてしまっていることが多く、ほとんど役に立ちませんでした。一瞬だけかすめるように範囲内になるポケストップにもまず反応しないので、緻密なプレイをしたい人には無用のデバイスです。

移動中に距離稼ぎのためPokémon GOを立ちげておかなくていいのが超助かる

定点プレイ型(決まった場所に陣取ってルアーモジュールで出てくるポケモンの捕獲がメインのプレイスタイル)の人にはあまり役立たないのでは? とも思いましたが、そうでもないかもしれません。

誰しも移動はするし、これまで移動時にもまめにPokémon GOを立ち上げて持ち歩いていたのが、Pokémon GO PlusをペアリングしておけばOKというのは、スマホでほかのことが普通にできるのと、バッテリーの消費を抑えられるという点で便利です。

一方で、そこまでしてチマチマ距離を稼ぐ気もない、という人には不要かもしれません。

強力な「ながらポケGO」ツール

移動するのとは正反対の便利な使い方に、ポケストップが届く喫茶店などでPokémon GO Plusを使って「5分タイマー」にするというのがあります。

道具を入手可能になるたびにPokémon GO Plusが知らせてくれるので、「ながら」のプレイが非常に捗り、自宅ポケストがある人には大変ヤバイ感じです。

ルアーモジュールでのポケモン出現にも反応するので(おこうのポケモンには反応しないとされています)、わざわざPokémon GO Plusを使うために自分でルアーモジュールを使うことはないでしょうが、作業や別のゲームをしながらポチポチやっているだけで、アイテムとポケモン集めができます。

一方で、「ながら」のプレイをよしとしない人には根本的に向かないというか、持つ意味がないでしょう。個人的な感覚としても「雑に捕まえてる」感が少々あります。

子供や子連れの親に

移動中の利用や「ながら」利用に適すことから、子供に持たせてとりあえず遊ばせたり、「歩きスマホ」をさせないために持たせたり、小さい子供の世話をしながらポケモンも逃がさず集めたり、なんて用途にも向きます。

歩きスマホ防止ツールとしては、わかりやすく強力なのではないかと思います。

現時点の謎の挙動と不安定さ

現時点で起こっている不具合や何とかしてほしい挙動(iPhone使用)として、以下があります。

  • Pokémon GO Plusでアイテムを取ったポケストップがピンクにならない
  • Pokémon GO Plusをペアリング中にスマホ側でポケモンを捕まえようとすると、ペアリングが切れる(個人的にはこれが超不便)
  • ペアリング中にスマホ側でポケストップを回しても何も起きないことがある

ほかにも、気付くとペアリングが切れてる系と、なぜかペアリングできない系のトラブルはときどき起こり、再起動を繰り返すことになります。

ある程度は無線モノではしょうがないかもしれませんし、スマホ側でポケモンを捕まえようとしたときの挙動などはあまり便利にする気もないのかもしれませんが、もうちょっと改善されると嬉しいところですね。

そんなこんなで、「超緻密なプレイをする人」と「ながらプレイをよしとしない人」以外には、とりあえずあると便利ではあると思います。が、マストバイという感じでもないかなあ…。

今のところ「ながらプレイが捗る」のはいいけど「きちんと狙ったポケモンを捕まえよう(自分でボール投げよう)としたらペアリングを切らざるを得ない」のが不便だな、という感じです。

次回販売は11月になるとのこと。正規価格は税込み3,780円です。

あと、こういう使い方も。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事