「Pokémon GO」ニュースを確認。クローズドベータが2015冬から?

「Pokémon GO」の発表はIT系、ゲーム系メディアを中心に大ニュースとなりましたが、発表された内容はかなり限定的で曖昧な部分も多くあります。発表内容はおおむね以下のような点。

・株式会社ポケモン、Niantic、任天堂が提携する
・2016年に提供開始
・iOS、Android向け
・基本プレイ無料、ゲーム内課金
・リアル世界を舞台に、ポケモンの捕獲、対戦、交換などが可能
・「スマホを見続けなくても遊べる」ために専用デバイス「Pokemon GO Plus」を提供

そして、一問一答の模様は以下の記事がわかりやすいです。

「Pokémon GO」は位置情報を利用して現実世界でポケモンを捕まえるスマートフォンゲームに。新事業戦略発表会をレポート – 4Gamer.net

従来シリーズとの競合について、課金形態について、親子で遊べる要素について、等々、未定らしく具体的に説明されていない部分が多くあります。

うーん、どうなるんだろ? と思っていると、Ingressが公開している動画「INGRESS REPORTの9月10号で、さりげなく重要な情報が流れていました。

2:20あたりから「ローンチは2016年の早い方」、そして2:25あたりで「クローズドベータは今冬の予定」と言っています。そのあとがどうも聞き取れないんだけど、数週間以内にさらなるニュースを届けるために頑張ってるよ! ということ? ローンチまでの時間を考えれば、ゲームシステムはだいたいできあがっていて反応を見ながら発表のタイミングを計ってる感じなわけですよね、たぶん(そんなに進んでない気もするけど)。

INGRESS REPORTが第1報というのが少々引っかかりますが、クローズドβが猛烈に気になる。やりたい。でも「どこかの暗号をデコードして申し込め」的な感じだとお手上げだなあ、沖縄あたりでAbaddonのアノマリーに参加すればベータ参加の資格が……みたいなのも無理だ。ポケモンセンターとかポケモンだいすきクラブとかで応募できないかなあ。

そして、さらなる具体的なニュースが出る前に「ぼくのかんがえたポケモンGO」を好き放題書くんだ。そういうのこそ個人ブログの醍醐味なのだから。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事