ポケモンGO米国で配信開始。遊び方動画や公式サイトも公開

ポケモンGOがアメリカで配信になったようです。

いろいろ難儀そうだなーと思って昨日心の中の期待値を下げておいたのにアメリカが先行とは少々意外で、しかも昨日の今日かいなと。YouTubeを開いたら外国人がポケモンGOで遊んでる動画ばっかりだし。

こうなると、7月16日のAegis Nova Tokyoに際しても「JapanじゃPokémon GOが動かないんだろう? 行かねーよHAHAHA」みたいなことにならないようにしておいた方がいい感じになるのかもしれません。

そういう話はもういいとして、ポケモンGOの公式サイトがオープンしていました。

Homepage | Pokémon Go
20160707-11

情報も充実していて、「ポケモンを捕まえる」「チームとジム戦」「写真を撮る」「課金アイテム」と、ゲーム内容がしっかりと解説されています。

青、赤、黄色の3チームというのは、画面写真を見るとフリーザー、ファイアー、サンダーがシンボルなんですね。一番お馴染みなのはサンダーだけど、それも安易かなあうーん(まだ遊べてない)。

なんならブイズをシンボルにして4チーム(イーブイ、サンダース、シャワーズ、ブースター)から徐々に増えるというのもおもしろいのではないか? まあいいか。

紹介されている課金アイテム

しあわせタマゴ(LUCKY EGGS)
経験値(?)が倍増。

お香(INCENSE)
野生のポケモンと出会いやすくなる。

孵卵器(EGG INCUBATOR)
タマゴが孵りやすくなる。最初にもらう1個は無限に使えるけどそれ以外は一定回数で壊れる、みたいなことが書いてあります。

ルアーモジュール(LURE MODULES)
ポケストップに取り付けると、一定時間野生のポケモンを集めることができる。

バッグ拡張(BAG UPGRADE)
所持アイテムの上限を50増やす(無課金状態は50)。

モンスターボールのパック(POKÉ BALL PACK)
課金で手持ちのモンスターボールを増やす。

ポケモン所持容量の拡張(POKÉMON STORAGE UPGRADE)
ポケモン所持数の上限を増やす。

遊び方動画も公開。公式SNSアカウントも始動

YouTubeやTwitterなどの公式アカウントも活動を開始、公式のプレイ(遊び方紹介)動画が公開になっています。

Twitter:@PokemonGoApp
Facebook:Pokémon GO
Google+:Pokémon GO – Google+

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事