ポケモンGO ポケコインと課金アイテム考

金融庁も動いたことだし、Pokémon GOの課金(有料アイテム購入)のコツなどを簡単にまとめておきたいと思います。

最重要アイテムは「ふかそうち」

プレイ体験がもっとも大きく変わる有料アイテムは「ふかそうち」です。タマゴを孵せば近所で見かけないレアなポケモンがひょっこり生まれてきたりするし、タマゴからポケモンが生まれたときに多めに(だいたい10~20ぐらい?)アメを持ってくるので、進化・強化も猛烈にはかどります。

そして、タマゴから生まれたポケモンは強い(個体値が高い&強化レベルも高め)個体が多いです。歩くモチベーションも大きくアップします。

これは、なかなか課金ユーザー優遇されてるな~という単純な話でもなく、いくらお金を使っても歩かなければ(距離を稼がなければ)タマゴは孵らないし、単純に考えると、お金を使わなくても9倍歩けば(タマゴの所持上限は9個なので)重課金者に並べます。

ただ、真偽のほどは定かでありませんが、タマゴの空きが1個のときには10kmタマゴが出にくく、10kmタマゴでレアポケモンを孵したければふかそうちを使ってまとめてタマゴを孵したほうがいい、という説もあるみたいですね。

目的に応じて買うものを選ぶなら、こんな感じかな?

・ポケモン集めの効率アップ→「ふかそうち」
・「歩く」張り合い作り→「ふかそうち」。なんなら「おこう」をプラス
・飲み会や休憩時のお供に→「ルアーモジュール」

ポケコイン購入の標準は1,200円=孵化装置8個分

ポケコインは、まとめ買いすればするほどレートが下がります(1円あたりで買えるポケコイン数が増えます)。だから課金するなら14,500ポケコイン(11,800円)だよねーと思っていましたが、そんなにまとめ買いしたらプレイが粗くなっちゃってしょーがない。

ガンガン有料アイテムを使っていくスタイルの人ならともかく、たまの気分転換程度にポケコインを買うなら、1,200ポケコイン(1,200円)がいいと思います。

ちょうど1円=1ポケコインになりますし、1,200ポケコインは「ふかそうち」8個分。「ムゲンふかそうち」1個と買った「ふかそうち」で、9個のタマゴ全部に使えます。

ポケコイン購入レート
ポケコイン 価格 ポケコイン1枚の価格
100枚 120円 1.2円
550枚 600円 1.09円
1,200枚 1,200円 1円
2,500枚 2,400円 0.96円
5,200枚 4,800円 0.92円
14,500枚 11,800円 0.81円

ちなみに、タマゴは2km、5km、10kmの3種類がありますが、回数制限のある「ふかそうち」を2kmタマゴに使うのはあまりにももったいないので、5km、10kmにだけ使いましょう。

ふかそうち1個で3回使えるので、15km~30km歩いて使い切る計算になります。都内のプレイで1日20kmも歩けばかなり「やった感」があるし、30kmになると多少歩き慣れていないと翌日に響くと思います、1日ちょっと気合入れて歩くために1,200円というのが、ちょうどいい感じになるんじゃないでしょうか。

バッグは大きい方がいい。ポケモンボックスは切り詰めれば大丈夫

バッグとポケモンボックスのアップグレードは、200ポケコインで+50ずつ。上限はどちらも1,000と聞いたことがあるので、それくらいなのでしょう。

現状、登場するポケモンは150種程度なので、ポケモンボックスは250でもさほど困らないと思います。今後もしも第2世代(金・銀)のポケモンが一気に増えたら251種類になるので、そのときにはアップグレードを検討した方がいいでしょう。

バッグもやりくり次第ですが、思いっきり遊ぶなら多ければ多いほどいいし、いつもの行動圏にポケストップが少なめなら、最初にアップグレードして道具を溜め込めるようにした方がストレスが少ないと思います。

切り詰めるとしたら、私の場合ジムバトルは毎日のポケコイン稼ぎに1、2ジム程度しかやらないので、回復系の道具を「げんきのかけら」20、「まんたんのくすり」20程度まで切り詰め、あとはボールにする。ボールも道具の数が上限になったらモンスターボールを徐々に捨てて、レアアイテムを取るチャンスは逃がさないようにする、といった感じでしょうか。

ただ、レベルが上がると回復の道具もかなり豪華になるらしく、レベル25で「まんたんのくすり」が出るようになったと思ったらレベル30では「げんきのかたまり」が出るそうで、こういう上位の道具はどうも捨てるのに抵抗がありますね。

だからといって死蔵させるためにバッグをアップグレードするのも間抜けなので、1日の消費量を見極めて、その倍ぐらい持つ感じでいいのではないかと思います。バトルをあまりやらない人なら。

その他の課金アイテムの簡単なレビュー

モンスターボール:どうしても必要になることもあるのかも

ポケストップがいくらでもある都内で遊ぶ分には、モンスターボールを捨てることはあっても買いたくなることはありません。でも、ポケストップがなくてポケモンが次々と出る場所に行ったら買うことになるのかもしれません。ポケストップの少ない公園でボールが尽きかけたときには、もうちょっと行ったら「買うか帰るか」の二択だなーと思いました。

おこう:コストパフォーマンス低いと思う

実は買ったことがなくレベルアップでもらえる分しか使ったことがないし、効果もイマイチ謎。「300秒止まり続けるか、120~240秒歩き続けるとポケモンが出る」みたいなことがよく攻略サイトに書かれていますが、150秒止まって30秒歩くみたいな感じだと何も出ないのかなあ? だいたい毎度期待はずれれに終わっています。

これのメリットを最大限に得られるのはポケストップのないところを歩き回るときなんでしょうが、不規則に歩いたり止まったりではNGだとすると、なかなか80ポケコインかける気にはならない。まるで使いこなせていない感じがしています。

ルアーモジュール:接待用

家族でPokémon GOに行って、休憩するときにポケストップに刺すと効果大。30分の休憩時間をタイマーとして重宝します。

周りの人が次々と足を止めるのを見てちょっと偉くなった気になれるし、水辺のミニリュウなどレアポケモンもまれに出る。友達をさそってプレイするときにも最適。人がいればいるほど効果大というのがおもしろいですね。

しあわせタマゴ:序~中盤のドーピング用

30分間、取得経験値が倍になるタマゴ。「ポッポやビードルやコラッタのアメを貯めておいて、一気に進化させて経験値大量取得」というワザがありますが、これをやると「やりきった感」が出まくってその後のモチベーションがなくなってしまうので、やめました。
レベル20ぐらいまで上げてからがいろいろ本番という感があるので、そこまでのレベルアップを急ぐためにはいいと思います。

ポケコインの収入を見積もる

ジムにポケモンを置いている数×10ポケコインを21時間に1回ずつもらえます。環境(ジムの配置、プレイヤーの多さ、自分の活動量)にもよりますが、だいたい1日あたり20ポケコインはけるんじゃないかなと思います。とはいえ難しいときは、どこかのジムを適当に横取りして10。

ちょっとがんばって7日で150ポケコイン稼いで、1週間に1個ずつ孵化装置を買えるとけっこういいかもという感じかなあ。だいたい、1個ジムを取っても次のジムを取ってる間に前のを落とされたりしてしまいますね。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事