ポケモンGO ジム戦に強くなるタイプ相性と主要ポケモンの「役割」について

以前の記事「ポケモンGO ジムバトルに勝つ弱者の戦略。カイリュー、ラプラス、カビゴンを普通のポケモンで倒す」では、強いポケモンに対して相性のいいポケモン複数匹を投入し、ダメージを蓄積させて倒す手法を説明しました。

ですがレベル25あたりを超え、手持ちの陣容が厚くなってくると、1対1で相手に勝てることが多くなってきます。

また、味方チームのジムでトレーニングするときには、ジムにいるポケモンよりCPの低いポケモンをぶつけると名声の上がり幅が大きくなるそうで、CPが低く、かつタイプ相性がいい(優位に立てる)ポケモンを適切に選ぶことが重要になります。

どのポケモンには何が有利か=役割を覚える

というわけで、ここでは「よくジムにいるCP高めのポケモンに対し、どのポケモンなら優位に立てるか、低いCPでも倒しやすいか」をまとめます。たまに聞かれる「コイツには何を出せばいいの?」を一通り書きました。

ポケモン(本家の)対戦においては、しばしば「役割」という言葉が使われます。例えばシャワーズ(水)はブースター(炎)のタイプ一致攻撃を半減し、タイプ一致で抜群のダメージを与えられて非常に有利なため「シャワーズはブースターに役割を持てる」といった具合。要するに「このポケモンを相手にするのに適している」ぐらいの意味で「役割」という言葉を使うことにします。

レベルが上がるほどポケモンの種族によるCP(種族値?)の違いが顕著になるので、CP低めのポケモンの出番が減り、高めのポケモンをうまく使うことを考える機会が増えるでしょう。そういう意味でも、主要なポケモンの役割を覚えておくと戦いやすくなります。

なお、タイプ相性による技の威力/被るダメージについては、以下の説を採用します。

  • タイプ一致の攻撃は1.25倍の威力
  • 弱点タイプの攻撃を受けるとダメージ1.25倍
  • 耐性があるタイプの攻撃のダメージは0.8倍
  • 複合タイプのダブル弱点は1.56倍、ダブル耐性は0.64倍のダメージ

ポケモンが覚える技を表にしましたが、技の威力のほかに連射性能を考慮したDPS(Damage Per Sec.:秒あたりのダメージ)の値を記載しました。タイプ一致技についてはボーナス(Same Type Attack Bonus:STAB)の1.25倍を考慮した数値になっています。

ノーマルアタックの場合、基本的には威力が低い技の方が連射性が高く、スペシャルアタックのゲージが貯まりやすいようです。

DPSのデータは広く流通しているようですが、海外サイトではPokemon | Pokemon GO GamePress、国内では【ポケモンGO】全ポケモン一覧!最大CPと強さ評価 – GameWithを主に参考にしています。

カイリュー(ドラゴン・飛行)

カイリューの役割:ラプラス以外相手に力押し

ドラゴンタイプの技はタイプ相性の有利不利が少なく、抜群のダメージを与えられるのはドラゴンのみ、いまひとつになるのは鋼、フェアリーのみです。高い攻撃力とタイプ一致のドラゴン技(または威力が高い「はかいこうせん」)で、「役割」など考えずに押し切るのがカイリューの基本的な仕事となります。

また、炎、水、草などメジャーな技のタイプに耐性があることを生かして、これらのタイプのポケモン(ウインディ、シャワーズなど)相手のトレーニングに使うのもいいでしょう。

その際ノーマルアタックはタイプ一致の「りゅうのいぶき」がいいです。「はがねのつばさ」は炎、水、電気、鋼タイプに対していまひとつになってしまいます。

カイリューを倒す:ラプラス、ヤドラン

カイリューは氷が4倍弱点なので、ラプラスが天敵です。また、ドラゴンタイプも弱点なので、カイリュー同士のバトルは壮絶な撃ち合いとなります。

それ以外のポケモンでカイリューを倒すなら、「れいとうビーム」を覚えたヤドランが最適です。CPもHPも高めなため「はかいこうせん」や「ドラゴンクロー」を食らっても即倒れることはなく、敵チームのカイリューのCPが高くて1匹では倒せなくても、2匹投入すれば負けません。

そのほかジュゴン、ゴルダック、シードラ、ニョロボン、パルシェンなどの氷スペシャルアタック持ちを投入するのもいいですが、これらのポケモンはCPや耐久があまり高くならないため、カイリューとの差が大きいと苦戦します。

カイリューのタイプ相性
x1.56
x1.25 岩、ドラゴン、フェアリー
x0.8 炎、水、格闘、地面
x0.64
カイリューの覚える技
技名 タイプ 威力 DPS(タイプ込)
ノーマルアタック
りゅうのいぶき ドラゴン 6 15.00
はがねのつばさ 15 11.28
スペシャルアタック
ドラゴンクロー ドラゴン 35 27.34
りゅうのはどう ドラゴン 65 22.57
はかいこうせん ノーマル 120 24.00

▲先頭に戻る


カビゴン(ノーマル)

カビゴンの役割:なんでもスペシャルアタックに応じて

カビゴンの持つノーマルタイプの技もタイプ相性の有利不利が少ないです。抜群のダメージを与えられるタイプはなく、いまひとつになるのはゴースト、岩、鋼タイプ。

スペシャルアタックの「じしん」が炎、電気、毒、岩、鋼タイプに抜群で、タイプ一致ではないですが威力と元の攻撃力が高いので非常に強いです。現状で唯一のゴーストタイプであるゴース系(ゲンガー)は毒タイプも持っているので、「じしん」で楽勝となります。覚えているスペシャルアタックに合わせる形で何にでも繰り出していけます。

カビゴンを倒す:炎タイプ以外。カイリュー、ギャラドス、シャワーズなど

カビゴンは格闘技が弱点ですが、カビゴンがべらぼうに強いのに対して現状の格闘タイプはたいして強くなく、はっきりと「カビゴンに役割を持てる」と言えるポケモンがいません。CPが低いポケモンで倒すのは難しく「トレーニング対象のジムに置いてはいけないポケモン」です。

とにかく強いポケモンを揃えて殴るのが最適解となりますが、「じしん」を食らうと痛いので、ウインディなど炎タイプは避けた方が無難です。火力と耐久があり、「じしん」をいまひとつにできるカイリューやギャラドス、同じく火力と耐久に優れたシャワーズあたりが対カビゴンの筆頭となるでしょう。

スペシャルアタックを出すまでの時間が長めなので、慎重によけながら攻撃しましょう。

カビゴンのタイプ相性
x1.56
x1.25 格闘
x0.8 ゴースト
x0.64
カビゴンの覚える技
技名 タイプ 威力 DPS(タイプ込)
ノーマルアタック
したでなめる ゴースト 5 10.00
しねんのずつき エスパー 12 11.43
スペシャルアタック
はかいこうせん ノーマル 120 30.00
じしん 地面 100 23.81
のしかかり ノーマル 40 32.05

▲先頭に戻る


ラプラス(水・氷)

ラプラスの役割:カイリュー

ラプラスは水・氷の複合タイプですが、覚える技はほとんど氷タイプで、水タイプの技は覚えません。氷タイプの技は草、飛行、地面、ドラゴンタイプに抜群なので、優秀なカイリューキラーとなります。

草タイプにも抜群を取れますが、草技が抜群で入ってしまうので、イマイチ優位とは言いきれない関係にあります。

ラプラスを倒す:ウインディ、ナッシー

現状、氷技をいまひとつにできて、なおかつラプラスに抜群を取れるポケモンは少なく、レアコイルはCP・耐久ともに不足であまり安定しません。

氷技をいまひとつにでき、等倍のダメージを与えられるウインディなど炎タイプか、氷技は抜群になってしまうけど高威力の草スペシャルアタックで対抗できるナッシーが、それなりにいいでしょう。あとはエスパー技を揃えたヤドランなど。

ラプラスもCPが低いポケモンで倒すのは難しいので「トレーニング対象のジムに置いてはいけないポケモン その2」です。

ラプラスのタイプ相性
x1.56
x1.25 草、電気、岩、格闘
x0.8
x0.64
ラプラスの覚える技
技名 タイプ 威力 DPS(タイプ込)
ノーマルアタック
こおりのいぶき 9 13.89
こおりのつぶて 15 13.39
スペシャルアタック
ふぶき 100 32.05
れいとうビーム 65 22.26
りゅうのはどう ドラゴン 65 18.06

▲先頭に戻る


シャワーズ

シャワーズの役割:ウインディ、カビゴン

覚える技がすべてタイプ一致の水タイプで、明確にウインディなどの炎タイプに役割を持てます。

また、「みずでっぽう」の連射性能が高くてタイプ一致のスペシャルアタックを連発しやすくて、なおかつ自身の耐久も高いため、耐久レースにも強いです。対カビゴンに優先的に出しましょう。

シャワーズを倒す:ナッシーほか高CP草タイプ

シャワーズは弱点も明確で草と電気タイプとなりますが、電気タイプは総じて耐久が低いため勝ちにくいです。草タイプのスペシャルアタックを持ったナッシーが最適です。

そのほか、フシギバナやウツボットなど、CPと耐久が高めの草タイプがいれば使うといいでしょう。技は毒タイプでも構いません(等倍になりますが)。

シャワーズのタイプ相性
x1.56
x1.25 草、電気
x0.8 炎、水、氷、鋼
x0.64
シャワーズの覚える技
技名 タイプ 威力 DPS(タイプ込)
ノーマルアタック
みずでっぽう 6 15.00
スペシャルアタック
ハイドロポンプ 90 29.61
アクアテール 45 23.94
みずのはどう 35 13.26

▲先頭に戻る


ナッシー(草・エスパー)

ナッシーの役割:シャワーズ、ヤドランほか水タイプ全般

ナッシーはシャワーズの天敵です。「ソーラービーム」持ちが理想ですが「タネばくだん」でも悪くありません。ヤドランを含め水タイプ全般相手に投入しましょう。

ラプラスにも抜群のダメージを与えられますが、氷技を抜群で食らってしまうのでトレーニングではいまいち安定しません。飛行タイプと複合のギャラドスには、草技は等倍となります。

エスパー技はエスパー、悪、鋼タイプ以外に通る(現状ではエスパータイプとコイル系しかいまひとつにできない)ため、ほかのポケモンにもオールマイティに出せます。

ナッシーを倒す:ウインディ、なければ炎、飛行、虫タイプ

ナッシーは弱点の多いポケモンですが、攻撃、耐久があるため、並の虫タイプや飛行タイプでは倒しきれません。バックアップするポケモンを用意して複数匹で当たった方がいいです。

そんな中で、ウインディは攻撃も耐久も高いため、余裕でナッシーを完封できます。対ナッシー用に欲しいところです。

ナッシーのタイプ相性
x1.56
x1.25 炎、飛行、氷、毒、ゴースト、悪
x0.8 水、草、電気、地面、格闘、エスパー
x0.64
ナッシーの覚える技
技名 タイプ 威力 DPS(タイプ込)
ノーマルアタック
ねんりき エスパー 15 12.42
しねんのずつき エスパー 12 14.29
スペシャルアタック
ソーラービーム 120 30.61
サイコキネシス エスパー 55 24.55
タネばくだん 40 20.83

▲先頭に戻る


ウインディ(炎)

ウインディの役割:ナッシー、ラプラス

攻撃、耐久ともに高い炎ポケモン界のエース。タイプ不一致のノーマルアタック「かみつく」を含めてナッシーに抜群を取れます。あと、氷技をいまひとつにできるので、対ラプラスにも比較的優位です。

「かみつく」の方が技の一貫性が高く(格闘、フェアリー以外は等倍以上のダメージ)、連射が効いてスペシャルアタックのゲージも貯まりやすいため、使いやすいと思います。

ウインディを倒す:シャワーズ

ウインディは水タイプのシャワーズに歯が立ちません。サクッと倒しましょう。

ウインディのタイプ相性
x1.56
x1.25 水、地面、岩
x0.8 炎、草、氷、虫、鋼、フェアリー
x0.64
ウインディの覚える技
技名 タイプ 威力 DPS(タイプ込)
ノーマルアタック
ほのおのキバ 10 14.88
かみつく 6 12.00
スペシャルアタック
だいもんじ 100 30.49
かえんほうしゃ 55 23.71
じならし 地面 35 10.29

▲先頭に戻る


ヤドラン(水・エスパー)

ヤドランの役割:カイリュー

「れいとうビーム」を覚えた個体でカイリューを倒します。ノーマルアタックは「みずでっぽう」だとカイリューにいまひとつ、「ねんりき」は等倍となりますが、「みずでっぽう」の方が連射性能が高いので、どちらでもいいと思います。

タイプ相性的にはウインディなど炎タイプにも強いはずですが、覚える技を考えるとそれほど明確に役割を持てる感じではありません(特に「れいとうビーム」持ちは)。反対に言えば、一貫性の高い水・エスパー技を軸にどんな相手ともそれなりに戦えます。

ヤドランを倒す:ナッシー

ヤドランに対して明確に強いのは、草タイプのスペシャルアタックを持つナッシーです。フシギバナ、ウツボット、ラフレシアなど草・毒タイプは、エスパー技が抜群になってしまうため安定しません。

ヤドランのタイプ相性
x1.56
x1.25 草、電気、虫、ゴースト、悪
x0.8 炎、水、氷、格闘、エスパー、鋼
x0.64
ヤドランの覚える技
技名 タイプ 威力 DPS(タイプ込)
ノーマルアタック
ねんりき エスパー 15 14.42
みずでっぽう 6 15.00
スペシャルアタック
れいとうビーム 65 17.81
サイコキネシス エスパー 55 24.55
みずのはどう 35 13.26

▲先頭に戻る


ギャラドス

ギャラドスの役割:カイリュー、カビゴン、ウインディ

高い能力値と耐久、優秀なタイプ耐性とタイプ一致技に恵まれない悲運を持つ永遠の中堅ポケモン。ですがPokémon GOでは「ハイドロポンプ」が強いです。

ハイドロポンプを生かして役割を持てるのはウインディなどの炎タイプ。そのほか、カイリューやカビゴンなど耐久の高いポケモンにも優先的に出しましょう。

ギャラドスを倒す:ライチュウ、サンダースなど電気タイプ

ギャラドスはとにかくタイプ耐性が優秀なので、ちょっとCPが低くてもダブル弱点を突ける電気タイプを使いたくなります。「かみなり」か「10まんボルト」を覚えた、CP2/3程度のライチュウやサンダースがいたら投入したいところです。

それ以外のポケモンを出そうとするとなかなか厄介で、ナッシーやヤドランは「かみつく」を抜群で食らってしまいます。ラプラス、カビゴンあたりを投入するか、耐久の高いシャワーズを投入していまひとつダメージで粘るか、という感じになります。

ギャラドスのタイプ相性
x1.56 電気
x1.25
x0.8 炎、水、虫、地面、格闘、鋼
x0.64
ギャラドスの覚える技
技名 タイプ 威力 DPS(タイプ込)
ノーマルアタック
かみつく 6 12.00
りゅうのいぶき ドラゴン 6 12.00
スペシャルアタック
ハイドロポンプ 90 29.61
りゅうのはどう ドラゴン 65 18.06
たつまき ドラゴン 25 9.26

▲先頭に戻る


このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事