「Pokémon GO Plus」は7月末発売! E3で発表されたポケモンGO最新情報

E3でのポケモンGO開発者Q&Aで発表された内容をメモします。あまり情報が出ないのではないかと思っていたら、けっこうでかい情報が飛び出しました(主に任天堂の宮本さんから)。

(株)ポケモンの石原社長、ゲームフリークの増田さん、任天堂の宮本さん、そしてNianticの野村さん(Googleマップのエイプリルフール企画「ポケモンチャレンジ」仕掛け人)が登壇し、Q&Aというかパネルディスカッションのような感じで会話が行われました。

20160616-11
Nianticの野村さんは腕にPokémon GO Plusを装備。宮本さんも胸に付けていました。

石原さんは犬の散歩をしながらポケモンGO

石原さんはポケモンGOをどう遊んでる? →毎朝愛犬と散歩しながらフィールドテストしている。愛犬の名前はポキ。Pokémon GO Plusを手の中に隠し持つように持って使っているとか。

出現するポケモンの地域差は?

ジョシュ(ホストの1人)の行動圏内で見るのは50種程度のポケモン。どんな単位(国? 都市?)で遠くに行けば別種のポケモンと会えるか? また第2世代以降のポケモンも追加されるか? →まずは第1世代の151匹を。昔からの人には懐かしく最近の人には新鮮だ(石原さん)。

地域の単位については「水辺では水タイプ~」といった野村さんの説明しか聞き取れず。ただニューヨークとサンフランシスコでは出現するポケモンの種類に違いが生じるようです。

ボールを投げるアクションは「もう1回作り直したい」(増田さん)

実機の画面を見せながらボールを投げるアクションについて説明。「投げるアクションを3回ぐらい作ってるけどもう1回作り直したい」と増田さんが発言し、隣の野村さんがギョッとする。

Pokémon GO Plusは「7月末にはなんとかしたい」

Pokémon GO Plus。視覚を開放してプレイヤーが散歩を楽しむこととゲームを楽しむことを分離させることが大事。Nianticの哲学と「スマホ歩き」防止への答えの1つである、といった話。

発売時期について聞かれ、「7月末にはなんとかしたい」と宮本さんが発言して会場が湧く。登壇者の皆さんもちょっと驚き顔。少し前に増田さんがボール投げを作り直したいと言ったときには、あと1、2カ月の単位でどうにかなる感じじゃないなと思ったので、確かに7月末には驚きました。値段は「34ドル99セントでどうですか?」との発言も。

サンムーンとの連携は「何かやってみたい」!?

ポケゴーとサンムーンとの連携について。「関係性を持たせたいと思っていますので何かやってみたいなあと」(増田さん)。まあ、QRコード経由で何とでもなりそうなのかな。

最初はシンプルに、徐々に機能を増やしたい

ポケモンの交換は? フィールドテストでは未実装だが→もちろんできるようにしますが、まずは集めることを楽しんでもらいたい。交換したくなってきた頃に実装する感じでひとつ(石原さん)。

プロモーション動画にあった「みんなでミュウツーを捕まえろ!」みたいなイベントもこれから入れていくとのことで、最初はシンプルに間口を広く、徐々に充実させていく、といった話でまとまりました。

宮本さんからも「スマホ、リアルワールド、Pokémon GO Plusを使った新しい遊びをどんどん提案していきたい」といった趣旨の発言がありました。

7月にポケゴーPlusなら、アプリはその前ですね?

最後に石原さんが苦笑しながら、「Pokémon GO Plusが7月末なら、アプリはその前にないといけませんね」と言っていたのが印象的です。そうすると、7月16日のイージスノヴァ東京とかそこらへんのイベントに何とかぶつけて発表、みたいなスケジュールも見えてきちゃったりするのですが、どんなもんでしょうか……?

▼E3のサンムーン情報はこちら
E3発表のサンムーン情報。新ポケモン「ヤングース」、新要素「バトルロイヤル」など【動画】

(追記)
ポケモン公式も7月末を追認!

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事