「ポケモンGO」の対戦システムはどうなるだろう?

昨日の続き。今日は1日予定がなかったので、気が付いたらポケモンのボックスの整理を2、3時間やっていて、それからポケモンセンターをちょっと覗きにいったりしました。

仕事の大きな案件が1つ終わった週末で、昨日の朝方まで根を詰めてパーティを考えていたのから開放されたのも合わせて、ちょっとテンションがおかしかったです。

20151128-02

ダブルバトルはとにかく疲れた

ポケモン対戦は考えるべきことがものすごく多くて、けっこう疲れます。だからこそ面白いし飽きないんですが、対戦中はかなり集中しているようで、1戦終えるたびに消耗するのを感じます。

ダブルバトルの対面での対戦をしたのは今回が初めてでしたが、シングルバトルよりも時間も手数もかかり、考えるべき要素も格段に増えるので、最初はリラックスして挨拶していても、対戦が終わるときには集中と緊張が急に解けて、ヘナヘナとなる感じがしました。

楽しいけれど、ぜんぜん息抜きになりません(笑)。息子は2日ともフル参加して2日で30戦以上していると思うんだけど、なぜそんなに連戦できるのか…。

前にバトル大会に参加したのは、去年の5、6月にポケモンセンターであったヤツ(これ)だったなー。去年の7月以降は暇さえあればイングレスだったからなー、と振り返って、「ポケモンGO」の対戦はどうなるんだろうか? と、むやみに考えてみたりしました。

ポケモンGOの対戦はもっと簡素かつ大味になる!?

今のポケモン対戦は手軽に始められますが、極めようとすると、とてつもなく奥が深くなります。ポケモンGOでは「ポケモンと世界を旅する」といった要素を押し出し、対戦はもっと簡単なシステムになるかもしれません。開発も従来のポケモンとは違う(Nianticになる)し、ほかのシステムもまったく違うわけで、普通に考えれば同じわけがないよねー、という気もします。

でも、あんまり簡単なのもどうかなあ。「ポケモン不思議のダンジョン」などサブシリーズのシステムはよく知らないんですが、うっかり「リアル世界でのバトルだからアニメみたいな雰囲気で」みたいになって「よけろ!」「かわせ!」と絶叫する感じのゲーム(それはゲームなのか?)になっても困っちゃうなと。

ひょっとすると、ビジュアル表現は大きく変わりながら今のポケモン対戦とまったく同じシステムというのも、それはそれで面白いんじゃないかと思いました。路上で目と目が合って、その場で10分~15分黙々と対戦というのもマズそうですが、出会い頭のバトルは3~5分程度で終わる想定の1on1や2on2(ダブル)として、多少ゆっくりできる場所では従来ルールで、とかね。あと、マルチバトルがすごい多人数でできるとか。

もっとも、1on1だとどうやっても勝てない相性の「出し負け」で初手降参というケースも増えそうだし、いかに初見殺しのハメ技を仕込むかの戦いになったりもしそうですね。タスキ+がむしゃら+しぜんのちからモンメン(「きあいのタスキ」によってこちらの攻撃をHP1で耐え、「がむしゃら」でこちらのHPを1にして、次のターンに特性「いたずらごころ」で先制「しぜんのちから」を出して倒す。連続技を使うかか、モンメンよりも高い素早さで先制技を使うか、最初のターンに少しだけダメージを与えて次のターンに倒すかしないとアウト)に初めて遭遇したときは、呆気にとられたなあ。

それにしても、最初の発表のあと「ポケモンGO」の続報ないですね……。アバドン終わったころに何かあるかなあ?

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事