ポケモンGO 国内で入手可能な142匹が揃いました(昨日の今日で)

遊びでも仕事でも、自分でコントロールできないことを目標としてはがんばりようがないし、モチベーションも上がりません。「ラプラスを捕まえる」「ラッキーを捕まえる」とかね。今日の日中はフリーだけど海の周りも歩き飽きたしどうしようか、寝てようか、と思っていたところでDanさんのツイートが目に入り、考え直しました。

歩く距離に目標を置く

そうだそうだ。歩く距離に目標を置けばいいんだ(要は歩き回りたいだけ)。じゃあ15km歩くことを目標に出かけよう、ということで行ってきました。お台場に。

なぜ人々は意味もわからず走るのか?

先週、Pokémon GOのメジャーな「不正ツール」が対策されて使えなくなったことが少々話題にもなっていましたが、そのせいもあるのか、今日のお台場は以前よりも心なしか和やかで、家族連れが目立つ感じでした。そんなことに因果関係があるのか? と問われればよくわかりませんとしか言いようがないんですが。明らかにツール見ながらターゲットに一直線という感じの人は減ったかなー、という感じです。

しかし、集団になって走り出す現象は起こりました。水上バス乗り場付近(ラプラスに出会う機会を最大化するため、複数のポケストップが入る場所)で軽く昼食代わりとパンを食べていたら、目の前を集団が走り過ぎていったので、違法行為にならない範囲で乗っかるべく、ついていきました。

この集団は最終的に台場公園(レインボーブリッジ側に突き出た細長い部分の先)まで走るんですが、最初からどうも怪しく、走っている先を見てもポケモンを捕獲中らしき集団が見えません。それに途中で止まったり迷ったりするし、台場公園の手前まで行けばその奥までは200mちょい(「かくれているポケモン」は半径200mぐらいまで捕捉するといわれる)なのに何も見えないし…。

ではなんで一緒に意味もわからず走るのか? というと、どうせ特にあてもなくウロついているだけなので適当に走りたいというか、わずかな可能性にも賭けたいというか、乗っても損になる要素は特にないというか…。で、みんな結局どうでもいいことに適当に乗った結果適当に走っているんじゃないでしょうか。もっと期待が大きい人もいるでしょうが。

これが明らかに誰かの愉快犯的な行為で続いたら、また新しい問題になるかもしれません。が、その前にもうちょい有意義なヒント的機能が実装になるんじゃないかと期待したいところです。

20161010-01
ところで、台場公園ってお台場まで来ても普通はなかなか行かない場所だと思いますが、眺めはとてもよかったです。

この軽いランニング1.5km弱を含めて、この時点で12kmぐらいは歩いたので、ぼちぼち帰るか…と思いました。またなんか走ってる人がいるけど、今日はもういいか。孵ったタマゴをお台場で補充してから帰ろう。「手にいれた場所に中身が依存する説」を信じる根拠もないけど、気分的には期待度が上がるし…と思ってアクアシティのあたりを歩きながら、ふと画面を見たら目の前のポケストップにラプラスのお尻がありました。

なんの盛り上げもなく、急に探し求めていたラプラスが!

20161010-02
周りに全然人がいなくて、すぐ横で家族連れが「またなんか出たのー?」とか呑気にしゃべっていて、「なんかどころじゃねーよスマホ見なよ」と言おうと思ったけど両親も子供もスマホを手に持ってないからPokémon GOやってるわけじゃないのかと思い直し、それにしてもこんな何の溜めも努力も疾走もない場面でサラッと出てきていいのか? などと思いつつボールを投げると、ラプラスがでかすぎるためか距離感を掴めず失投数発。

20161010-05
で、何とか捕まえました。ニックネームは彼の出てきたルアーモジュールの刺さっていたポータル、もといポケストップです。

あらためて周りを見回すと、アクアシティから海岸側の道路に人が群がっており、口々に「こっちにも出てる!」と言いながら人が集まってきています。こっちのラプラスが「こっちにも出てる!」ということは…と人の流れの反対に行ってみると、海岸にもう1匹ラプラスがいて、1日で2匹捕まえることができました。こちらは普通に出現していたので、出現時間長めです。

海岸なので道路の混乱は特になかったと思います。また、ケンカやイザコザ等も特になく、みんなニコニコとラプラスを捕まえていたと思います。結果的に最初からわりと人混みの中心近くにいたため、周りで人がどれくらい走ったのかはよくわかりませんが、ある出現情報が広まってある程度経ったころはそれなりに荒れたかも…?

そして、ラプラスに気をよくして、お台場で手に入れた10kmタマゴが孵るまで歩いて帰ってきたところ、出てきたのがこちら。

20161010-03
これで、現在国内で入手できる142匹が揃いました。いやはや、ここのところずっと出なかったのに、1日で2匹とも揃うとは。しかも片方はダブるとは。しかもしかも、昨日もぜんぜん出ないわと書いたのが今日あっさり揃うとは。

努力が実ったとか達成感とかそういう感じはあまりはなく、「ようやく噛み合ったな」という感じがします。自分でもよく意味がわかりませんが、低確率すぎて結局何が有効だったのかも謎で、まあ「運がよかった」としか言いようがない。

しいて言えば「ふかそうち」を10kmタマゴにしか使わず貯めておき、近所のジムに3匹置いて300ポケコインまで貯めて2個買い足し、昨日レベル30寸前だったのを上げて「ふかそうち」を3個手に入れ、要するに孵化装置を大量投入したのがラッキーの引きにつながったのは間違いありません。孵化装置やっぱり超重要。もっと惜しみなく使っていれば、ずっと前に揃えられたでしょうが。

進化しないレアポケモンはただただ運です。きっと

あらためて142匹を見てみると、最後の2匹はともかく、いちばん薄かったのはベロリンガでした。

20161010-04
これは家族で大阪の海遊館に行ったときに、梅田までバスで帰ろうと思ってバス停をウロウロしていたときに見つけて捕まえたんじゃなかったかな。それ以外1匹も見つけていませんし、タマゴからも孵っていません。

いやー、大阪で息子の喜びそうな観光地を海遊館ぐらいしか知らなくてよかった。家族全員USJに興味が薄くてよかった。気まぐれを起こしてバスで帰ろうとしてよかった…。海遊館に行かなかったら「港がなんか妙に出がいい」ということに気付くことも遅れたでしょうし、お台場もそんなにウロつかなかったかもしれません。ありがとう海遊館。ありがとう天保山。

アメを貯める系で苦労したのはリザードンとベトベトンでした。どちらも近所でめったに出ず、これといった「巣」もなかったので。このあたりは近所のポケモン分布に大いに影響されるところでしょうが、「相棒」の連れ歩きを計画的に使えば、いかようにもなるでしょう。

▼関連
ポケモンGO、東京都内のレアポケモン探しは、お台場がやっぱり究極
ポケモンGOが少年時代の夏休みを思い出させてくれた

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事