新業務用ゲーム「ポケモンガオーレ」と、名刺としての「ガオーレディスク」考察

ゲームセンターなどに置かれるポケモンの業務用筐体が、これまでの「ポケモントレッタ」から、2016年7月7日より「ポケモンガオーレ」に変わりました。

ゲームシステムが大幅に変わり、大画面でのインパクトあるバトルと、手に入るグッズ(?)が正方形に近い「ポケモントレッタ」から細長い「ガオーレディスク」に変わることが、主な変更点となります。

20160708-07

息子はそれほど入れ込んではいないものの、ときどき遊んでいます。また、幻のポケモン「マギアナ」の入手方法が「ポケモン映画2016で映画館にて配布されるガオーレディスクのQRコードをサン・ムーンで読み込んで入手」と発表され、トレッタとは違いポケモン本編との連携要素もあることが明らかになりました。

▼マギアナの入手方法について
マギアナの入手方法が明らかに。映画館でポケモンガオーレのディスクとして配布

こうなると俄然気になってきて、ちょっと遊んでみました。

プレイの区切りが曖昧で、お金の使い方が難しくなった

ポケモントレッタは、1プレイ100円で1回バトルして、何かしら新しいトレッタが1枚手に入るという、シンプルでわかりやすいシステムでした。一方でポケモンガオーレの場合は、以下のような手順でのプレイとなります。

・100円で1プレイスタート。1回バトル
・捕まえたポケモンのガオーレディスクを入手する場合は100円追加
・プレイの最後に「オタケビ」フェーズがあり、オタケビがうまくいくと最初よりも強力なポケモンが現れる
・オタケビで現れたポケモンとバトルするには100円追加が必要
・オタケビでのバトルは「追加バトル」といい、2回まで(合計して自分の順番に3回まで)連続してバトルできる
・ガオーレディスクの入手は常に1枚100円必要
・すべてのバトルでガオーレディスクを出さなかった場合は「ラストチャンス」としてランダムでのポケモン捕獲や手持ちのポケモンの進化が行われる
・ラストチャンスでのガオーレディスクの入手も1枚100円

かなり複雑で、ゲーム性が上がったとも言えると思います。必要なポケモンだけガオーレディスクにして育てていくみたいな戦略性も生まれるようですし。

ただ一方で、

・1プレイが100円で収まらない可能性がある。また演出として「もう100円」を強く促す
・1人あたりのプレイ時間が長くなり、並んで待つ身には辛い

という、なかなか親泣かせの仕様になっちゃったんじゃないでしょうか。でも前向きに考えれば、一緒についていて「どこで次の100円を使うか」を話し合うことで、お金の使い方を学ぶ機会とできるかもしれません。別にポケモンガオーレで学ばなくてもいい気もしますけども。

ガオーレディスクの「名刺」としての可能性

ガオーレディスクとは、以下の写真のようなものです。サイズは7.2×4.5cm、厚さは4mm弱。1つの角が欠けた形状は、単なる偶然でしょうがIngressのBIOカード(Agent Dossier、不審者カード、アイテムカード)を彷彿とさせます。QRコードは、一般的なQRコードリーダーで読み取っても意味のある情報は得られないようです(「QRCode」という文字列だけが出ました)。

20160710-01

材質はプラスチックで、何枚も持っていると、家庭用の安っぽいカジノゲームのメダルみたいな音がします。同じ材質でしょうから当たり前か。

同様にプラスチックで作るのは難しいでしょうが、Pokémon GOにおけるユーザー名刺がわりに、このフォーマットを使ったカードを厚紙で作るのはアリじゃないかなと思いました。QRコードには自分のサイトやSNSのアカウントなんかを記録するといいでしょうね。

なお、コレクション用のファイルも出ています。

▼関連
ポケモンガオーレ公式サイト
ゲームのながれ | ポケモンガオーレ公式サイト

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事