初めてのポケモンセンタートウキョー(浜松町)

JR浜松町駅のホームからも見える、汐留芝離宮ビルディングに、ポケモンセンタートウキョーがあります。

羽田空港(東京モノレール浜松町駅、京急線から都営地下鉄浅草線に接続して大門駅)、成田空港(JR浜松町駅、京急線から都営地下鉄浅草線に接続して大門駅)からのアクセスもわりとよく、旅行のついでという感じの大荷物を抱えた人や、外国人観光客も多いです。つくりかけの陸橋は、そのうち浜松町駅と接続するのでしょうか。

ポケセン本体はビルの2階

20140103 02

ポケモンセンタートウキョー本体(?)はビルの2階にあります。近付くと見えてくるのが、付近でゲームをしている人たち(ガラスの壁の向こうに見える人々)です。

夏の酷暑の日にも、冬の冷え込む日にもけっこういるので、初めて目にしたときには驚くかもしれませんが、ここやビルの地下のスペース(後述)で、すれちがいのデータを貯めたり、仲間どうしで遊んだり、声をかけあってフレンドコードを交換したりしています。

▼関連記事:
お父さんのポケモンXY「フレンドサファリ」攻略。わが子が「フレンドコード集めたい」と言い出したら? | Heartlogic

グッズの狙い目は青い値札のポケモンセンターオリジナル商品

20140103 03

ポケモンセンター本体(ショップ)の入り口がこちらです。中で扱っている商品には2種類の値札が付いていて、黄色がポケモンセンター以外でも売っている商品、青色がポケモンセンターオリジナル商品です。黄色の値札のグッズは他で買った方がたいてい安く上がるので、青値札を中心にチェックするのがいいでしょう。

20140103 04

ビルの内部です。ショップが混雑すると、行列がこちらに伸びることもあります。大きなピカチュウは撮影スポットにも。

この付近で、いつも誕生日プレゼントのサービスも行っています。ポケモンXYが発売されてからは、誕生月の1ヶ月間に来店した人を対象に、ピカチュウまたはイーブイとその進化形から1匹のプレゼントと、ショップの割引クーポンのプレゼントを行っています。

お誕生日は、ポケモンセンターへ遊びに行こう! | ポケットモンスターオフィシャルサイト

この右側には「ユニオンルーム」と呼ばれる小部屋があり、ちょっとしたイベント(ポケモンカードやポケモン対戦イベント、プレゼントの配布など)が行われていることもあります。

20140103 05

建物内の吹き抜けから、地下1階までを見下ろすことができます。ポケモンセンター自体は2階だけのようですが、休日は地下でもイベントをしています。「どうせビル全体に客が来るから」的な感じで、地下フロアも契約してるのでしょうか……といった裏事情を想像しつつ、下に降りてみましょう。

1階にはカフェとコンビニがあります

20140103 06

ビルの1階にはカフェ・ド・クリエとセブンイレブンがあり、長居も快適な環境です。

カフェ・ド・クリエはそこそこお手頃な値段で軽食もでき、小さい子供が好むお菓子も揃っているのが、この手のカフェの中でも優秀な点。休日は全席禁煙になります。そして、カフェ内でもポケモンを起動するとすれちがい通信がバンバン入ります。もっとも、ポケモンXYではすれ違いの数だけ増やしても特に嬉しいことはありませんが。

20140103 09

地下1階では「ポケモンキッズカーニバル」として、縁日のテキ屋的なゲームが行われています。出ていく金額に対して得られる満足感は、ショップで何か買う方が大きい気がしますが、子供はこういうのが好きですから、たまには遊んでいくのもいいかもしれません。

地下はイベントとバトルと食事のフロア。ランチは隣のビルも充実

20140103 10

地下には、ちょっとしたレストラン街があります。奥の庄やや、手前の中華屋では、ポケセンに来た家族連れをターゲットにしたお子様メニューもやってます。ランチスポットは隣のビルにもあります。

▼隣のビルのお店:
浜松町でお手頃な食べ放題ランチ「あえん 浜離宮店」 | Heartlogic
ポケモンセンターバトルの必勝祈願に(?)「とんかつ まるや」(浜松町) | Heartlogic

さらに奥には、ポケモントレッタがあって(日によって設置場所が変わることもあります)、小さい子供が並んでいます。

ポケモントレッタ:さがして!バトって!ホントにトレた!

あまり管理されていないショッピングモールなどでは、行列のマナーの悪さに閉口することもありますが、こちらは店員さんがついていて整理しているので、親の精神衛生によろしい環境となっています。

20140103 07

ポケモンセンターではよくポケモンの配布が行われていて、地下に設けられている自由に遊べるスペースで受け取ります。基本的な解説はこのようにパネルに書かれていますが、わからない場合は店員さんが近くにいるので聞きましょう。

ときどき、操作が分からなくてキレているお父さんを見ますが、分からないのにがんばっていても誰も得しないので、すみやかに店員さんに聞きましょう。説明にまぎわらしい部分があったり電波状態によってうまくいかなかったりすることもあるので、わからなければ聞くのが一番です。店員さんは超親切ですので。

20140103 08

ポケモン配布の告知などはオフィシャルサイトに出ますが、あまり見やすくないので、2階や地下1階に掲示されているイベントガイドを見て確認するか、店員さんに聞くのがいいです。

ポケモンセンタートウキョー | ポケットモンスターオフィシャルサイト

地下でもたくさんの人がゲームをしています

地下のフロアでも、多くの人が集まってゲームをしていて、知らないどうしで声をかけあってフレンドコードを交換したり、ポケモンの交換や対戦をしたりしています。

子供がフレンドコードの交換やら対戦やらをしたがったら、相手をしてくれそうな人に親が声をかけてあげるのがいいと思います。すれ違い通信で対戦や交換を申し込むことも可能ですが、途中で通信が切れたり相手にキャンセルされてしまったりして、うまくいかないことも多いです。確実にやりたければ、対面で交渉した方がいいでしょう。

アニメのポケモンを見ていると、主人公のサトシはとにかくバトルが大好きで、挨拶代わりにバトルをしかけて、勝っても負けても仲良しという感じなんですよね。ピュアな子供が周囲にポケモントレーナーがいっぱいいる場所に来たら、対戦したい! という気持ちになるのは分からんでもありません。

最も気の毒なパターンが、子供は遊びたいけど親は興味がないので早く帰りたい、遊びたいなら好きにしなさいと突き放されるも子供はモジモジして誰にも声をかけられず、親はだんだんイライラしてきて、結局ひと揉めして帰っちゃう、というものです。自分の子供のコミュ力が超高い、と思うのでなければ、ちょっと手助けいてあげるのも悪くないのではないでしょうか。

わが家の場合、最初は私が1人でもくもくと遊んでいる感じの若いお兄さんを選んで、声をかけました。1人で遊んでいるところならば対戦などしてもらってもそれほど邪魔にはならないだろうし、高校生〜大学生ぐらいであれば、おそらく自分も小さいころからポケモンをしていて、小さい子の気持ちもある程度わかるのではないかという想像からでした。

しかし、息子がある程度慣れてくると、ほぼ必ず2、3人連れで来ているお兄さんたち(たまにお姉さん混じり)に声をかけるか、小さい子供が集まっているところに混ざるかしています。

1人だけ、しかも1人で来てもくもくと遊んでいるような淡泊な人が相手だと、なかなか盛り上がりにくいんですが、2、3人の仲間で来ている人たちならば会話もはずみやすいようですね。子供の集団となれば、もういわずもがな。それに考えてみれば、1人で黙々と遊びたい人にとっては、見ず知らずの他人の相手をするのは何だかんだで負担だったかもしれません。なるほどなあ……。何でしょうか、このセンスの違いは。

子供の集団が遊んでいるときに親は何をしているのかというと、少し離れて見守っています。子供がある程度大きくて、小一時間ぐらい遊ばせるつもりならば、カフェに入っているのもありでしょう。子供用の携帯電話を持たせて遊ばせて、電話で連絡を取り合っているらしい親子も見ます。

何となく1日遊べてしまいます。

20140103 13

そんなこんなで、ショップを見て食事してトレッタして対戦を眺めて……としていると、意外と1日潰せてしまいます。

浜松町の近くの観光地としては芝離宮、浜離宮(ちょっと遠い)、増上寺、東京タワー(けっこう遠い)などがあるので、そのあたりとセットで楽しむのもいいかもしれません。また、東京モノレールやゆりかもめ(竹芝駅まで徒歩10分ぐらい?)に乗って足をのばすのもいいですね。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事