水【ポケモン タイプ別考察】

非常に使いやすいタイプです。ストーリー中盤で強力な攻撃技「なみのり」の技マシンが確実に手に入り、耐性や攻撃の一貫性もきわめて優秀。弱点も補いやすいです。

耐性(受けるダメージ)

×2:電気、草
×0.5:炎、水、氷、鋼
無効:-

攻撃(与えるダメージ)

×2:炎、地面、岩
×0.5:水、草、ドラゴン
無効:-

旅パでの水タイプ

ストーリー攻略のため必要な「なみのり」や「たきのぼり」を覚えるタイプであり、これらが強力な攻撃技にもなるため、非常に頼れるポケモンです。どのシリーズでも、博士から最初にもらえる3タイプ(御三家)のうちでもっとも扱いやすいタイプだと言えるでしょう。

草と電気タイプが苦手ですが、この2タイプへの対処も自身で可能です。水タイプのポケモンの多くは氷技を覚えられるので、草タイプが相手でも先制さえできれば楽に倒せます。また、電気タイプのポケモンは総じて耐久が低いので、「なみのり」などの強力な技を使えば、こちらも先に倒すことができます。

対戦での水タイプ

水タイプのポケモンには高い攻撃力と素早さを両立したポケモンがおらず(そこそこの攻撃力と素早さのポケモンならそれなりに…)、派手な活躍をする/目にする機会は多くないでしょう。

水タイプのポケモンで圧倒的に対戦で使われるのは、優秀な耐性と小技を持つウォッシュロトムです。それ以外では、3割で相手を「やけど」にする優秀な追加効果を持つ「ねっとう」を持たせ、耐久を生かして持久戦に持ち込むポケモンがよく見られます。メジャーなのはスイクン、ヤドラン、シャワーズなどですが、こうした代表的なポケモンから、水タイプ=ディフェンシブという印象が強いです。

ニョロトノの特性「あめふらし」を利用して天候を「あめ」にすると水タイプの技の威力が1.5倍になるので、これを利用してキングドラ、ルンパッパなど水タイプのポケモンを活躍させることもあります。

スポンサードリンク

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア