フェアリータイプ【ポケモン タイプ別考察】

バランス取りのため追加? 相性が覚えにくいタイプ

ポケモンXYから登場した、新しいタイプ。格闘とドラゴンが強すぎるのでバランスを取るため格闘とドラゴンに強いタイプになったという話も聞きますが、実際に格闘とドラゴン、それと悪に強くなっています。一方で毒と鋼には弱い。どういう設定なのかよくわからないタイプです。

ポケモンでは正義の味方的ポジションが「格闘」、悪役ポジションが「悪」のようですが、フェアリーはその両方に(なぜか)強い。毒に弱く虫に耐性があるのは、エスパータイプと反対のイメージです。鋼に弱いのは……妖精だから金属が苦手??

タイプ相性:耐性(受けるダメージ)

×2:毒、鋼
×0.5:格闘、虫、悪
無効:ドラゴン

タイプ相性:攻撃(与えるダメージ)

×2:格闘、ドラゴン、悪
×0.5:炎、毒、鋼
無効:-

旅パでのフェアリータイプ

フェアリータイプでストーリー攻略に使いやすく、かつ入手しやすいポケモンは少ないのですが、ニンフィア、トゲキッス、サーナイトなどをゲットできれば、かなり活躍してくれるはずです。「マジカルシャイン」や「ムーンフォース」は、特殊アタッカーのサブウェポンとしても使いやすいです。

対戦でのフェアリータイプ

対戦でのフェアリータイプの強さの半分は特性「フェアリースキン」(隠れ特性のニンフィア、およびメガサーナイト、メガチルタリス)で、ノーマル技「ハイパーボイス」をフェアリータイプにして、かつ1.3倍の威力で撃てるところにあります。フェアリー技自体は超強力というわけではありません(「ムーンフォース」「じゃれつく」とも威力90)が、この特性により、実質威力117で「みがわり」する複数攻撃技をというのが強烈です。

あとの半分は、もともと強いマリルリやメガクチート、トゲキッスに付与されたフェアリータイプ。弱点が増えている場合もありますが、新しい耐性と新しいタイプ一致技「じゃれつく」や「マジカルシャイン」は強力で、パーティの耐性と火力を底上げします。

ここで名前を挙げたポケモンに共通するのは、一貫性が高いフェアリー技をメインウェポンの1つとしたゴリ押し性能に優れる点で、小技でどうというよりも、メインアタッカーとしてガンガン押しておくのがいいでしょう。

なお、ドラゴン対策をフェアリータイプに依存するのは一長一短です。とりあえず技を無効化できても、「りゅうせいぐん」→特攻が落ちない、「げきりん」→技がキャンセルされ次のターンに行動を選べてしまう と技のデメリットが回避されるため、はからずも相手有利の局面になってしまう可能性があります。

スポンサードリンク

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア