基礎ポイント(努力値)の振り方

基礎ポイントを「振る」とは?

基礎ポイント(「努力値」とも呼ばれる)は、ポケモンが持つ能力値に後天的に加算されるもので、バトルの経験を積むほどに少しずつ増えていく、可視化されていない隠れ経験値のようなものです。


↑「つよさをみる」画面でYボタンを押すとレーダーチャートが表示されますが、正確な数値はわかりません

以下のような特徴を持ち、上限がある中でどの能力にどれだけの基礎ポイントを割り振るかで、最終的なポケモンの能力が大きく変わります。

  • ポケモンの1つの能力に252まで付与できる
  • 全能力で合計510が1匹に付与できる基礎ポイントの上限。
  • レベル50のポケモンは基礎ポイント8につき能力値が1上がる

努力値252で能力値は31.5上がり、個体値が奇数なら、個体値は1/2がレベル50のポケモンの能力値に反映されるため、端数となる1の分と合わせて32上がります。

基礎ポイントは、510ポイントを6つの能力にどのように割り振るかが重要になります。そのため「振る」と呼ばれることが多いのでしょう。

もっともオーソドックスな割り振り方は、種族値がもっとも高く、性格でもプラス補正がかかっている能力値に252振り、次に重要な能力(攻撃、特攻、素早さ、HPあたりが多い)にも252振って、残った6を、さらにHPや防御、特防などで個体値が奇数の能力に振ります(能力値に反映されるのは6のうち4まで)。

例えば素早くて物理攻撃が得意なポケモンならば、攻撃(A)と素早さ(S)に最大に振って、余りの6をHPあたりに振ります。このような振り方を「AS振り」と呼ぶことがあります。

対戦時に対面が想定されるポケモンの素早さや攻撃のダメージを計算し、ギリギリ素早さを上回ったり、攻撃を耐えたりと、効率よく倒せるように調整する「調整振り」が行われることもあります。

▲ページの先頭へ

基礎ポイントの上げ方

野生のポケモンを倒す(助けを呼ばせる)

野生ポケモンを倒したときに、種族ごとに決まった能力値の基礎ポイントが上がります。1匹あたりの基礎ポイントは1~3ですが、助けを呼んだあとでは、獲得できる基礎ポイントが倍になります。

サンムーンでの基礎ポイント振りは、この方法が基本となります。詳しい方法は後述します。

道具(基礎ポイントが上がる薬)を使う

以下の道具で基礎ポイントを上げることができます。ただし、各能力100以上に上げることはできません。100から上は、上記のどちらかの方法を使う必要があります。

基礎ポイントが上がるアイテム
マックスアップ HP(H)
タウリン 攻撃(A)
ブロムヘキシン 防御(B)
リゾチウム 特攻(C)
キトサン 特防(D)
インドメタシン 素早さ(S)

これらの薬は、ホラクニ岳のポケモンセンターで購入できます(1本10,000円)。

ポケリゾートの「わいわいリゾート」を使う

わいわいリゾートをレベル3にすると、1回(30分)で4ずつの基礎ポイントが得られます。時間はかかりますが細かい調整には最適です。

なお、252振るには63回必要です。所要時間は31.5時間。ポケマメで短縮して15.75時間(15時間45分)です。

フェスサークルの施設を使う

フェスサークルの「バルーンアスレチック」や「屋台」で基礎ポイントを振ることができます。ただ、フェスサークルのお店を出すスペースもフェスコイン(FC)も、もっとほかのことに使った方が有意義だと思います。

(調べたら加筆)

「ハネ」を使う

「たいりょくのハネ」「きんりょくのハネ」などの道具は、使うごとに対応した基礎ポイントを1上げることができ、薬と違って上限がありません。

ですが、まとまった数を手に入れることが難しいので、

▲ページの先頭へ

基礎ポイントが倍付けになる「ポケルス」

「ポケルス」とは、ポケモンに付くウイルスのようなものだと説明されます。戦闘終了後にごくまれに発生し、ポケモンのステータスに「ポケルス」と表示されます。画面でどのように見えるかは、下の画面写真を参照してください。

ゲーム中で初めてポケルスに感染(?) したポケモンをポケモンセンターで回復させようとしたとき、ジョーイさんが説明してくれます。ポケルスの効果と特徴は以下です。

  • ポケルスに感染したポケモンは、ポケモンを倒したときの基礎ポイントが倍入る
  • ポケルスによる悪影響は何もない
  • ポケルスに感染したポケモンが戦闘すると、手持ちにいるほかのポケモンにポケルスが伝染することがある。これを利用して手持ちのポケモンにポケルスを移せる
  • 手持ちに入れた状態で数日経過すると、ポケモンのポケルスが治癒(?)する。治癒したポケモンは「ポケルス」表示が消え、ステータスに小さなピンクの丸印が表示される。治癒した状態でも基礎ポイントが倍入ることは変わらないが、ポケルスが伝染力をなくすため、ほかのポケモンに伝染させられなくなる
  • パソコンに預けている場合は、いつまでもポケルスは治癒しない

基礎ポイントを効率よく上げるためにポケルスは必須ですが、自力でポケルスを入手するのはなかなか難しいです。GTSでポケルス持ちを探して交換したり、友達から交換してもらうのが早いでしょう。

▲ページの先頭へ

基礎ポイント獲得量が増えるアイテム

「パワーアンクル」などの「パワー○○」を持ったポケモンは、ポケモンを1匹倒すごとに、該当の能力の基礎ポイントを8獲得できます。

▲ページの先頭へ

学習装置で基礎ポイントも獲得できる

戦闘に出ていないポケモンにも経験値を割り振る「学習装置」をオンにしていると、経験値と一緒に基礎ポイントも獲得できます。

気を付けたいのが、「ポケルスを伝染させるために戦闘していたら不要な基礎ポイントが入っちゃった」という状態です。学習装置をオフにして戦闘すれば、ポケルスを伝染させつつ基礎ポイントは入らないようにできます。

▲ページの先頭へ

基礎ポイントを下げる方法

間違えて上げてしまった基礎ポイントを下げて振り直したいときには、次の方法で基礎ポイントを下げることができます。

基礎ポイントを下げる木の実を使う

以下の木の実をポケモンに使うことで、各能力の基礎ポイントを10ずつ減らすことができます。必要になったときにすぐ使えるよう、多めに育てて持っておくと便利です。

基礎ポイントが下がる木の実
ザロクの実 HP(H)
ネコブの実 攻撃(A)
タポルの実 防御(B)
ロメの実 特攻(C)
ウブの実 特防(D)
マトマの実 素早さ(S)

これらの木の実は、いずれも10番道路で拾うことができます。

フェスサークルの施設を使う

(調べたら書く)

▲ページの先頭へ

まとめ

ポケモンの能力値は、基礎ポイントの振り方によって大きく変わります
基礎ポイントを効率よく振るには、助けを呼ばせる&パワー〇〇系アイテムを使う、ポケルスも重要
基礎ポイントの振り直しをしたい場合は、木の実で下げることができる

▲ページの先頭へ

スポンサードリンク

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア