【準伝説】カプ、ウルトラビースト(UB)を厳選する方法

サンムーンの準伝説ポケモン

サンムーンのカプ(カプ・コケコ、カプ・テテフ、カプ・ブルル、カプ・レヒレ)とウルトラビーストは、従来のシリーズでいう「準伝説」ポケモンに相当します。

ポケモンシリーズに登場するポケモンには、一般のポケモンのほか「伝説」「幻」などの種類があります。「準伝説」とは公式に使われる言葉ではないようですが、1プレイ中で入手できる数が限られ(タマゴで増やせず)、オンラインのレーティングバトルで使用可能なポケモンを指します。

種類 タマゴ入手可 レーティングバトル利用可 ゲーム中で入手可
一般
準伝説 ×
伝説 × ×
× × ×

幻のポケモン(2017年1月現在のサンムーンでいえばマギアナ)は、映画や特別なイベントでの配信など、ゲーム外の手段で入手する必要があります。

厳選の基準を決める

サンムーンでは王冠で個体値を上げられるので、厳選の基準はゆるくても大丈夫です。また、カプもUBも個体値は3V(どれか3つの個体値が最高)が保証されています。私は次のように基準を考えています。

・目的の性格で捕まえることは必須
・使わない能力値(物理タイプの特攻、特殊タイプの攻撃)に3V保証分のVが入るのはNG
・「めざめるパワー」を使うことが想定される場合はタイプを合わせる
・もっとも面倒な厳選はマスターボールを使う

めざめるパワーの利用が想定されるのは、一般にカプではカプ・コケコとカプ・レヒレ、UBではウツロイド、フェローチェ、デンジュモク、テッカグヤあたりです。

厳選の流れ

(1)性格をシンクロする
特性「シンクロ」を持つ、希望の性格のポケモンをパーティの先頭においてバトルを開始します。特性「シンクロ」のポケモンにはケーシィなどがいます。なお、シンクロポケモンはバトル開始時に瀕死でもかまいません。

(2)対象のHPを減らし、状態異常にする
対象のポケモンを捕まえやすくするために、HPを減らして、できれば状態異常にします(眠りがベスト)。カプはどれも捕獲成功率が低いので、それなりに計画を立ててHP減らす担当、状態異常にする担当などのポケモンを揃えておいた方がいいです。

HPを減らすには「みねうち」や「てかげん」でHPを1にするのが理想的です。「みねうち」を覚えるポケモンには、ラランテス、ニューラ(マニューラ)、ストライク(ハッサム)、ジャラランガなどがいます。「てかげん」を覚えるのは配信のゴンベ(カビゴン)ぐらいです。

眠らせる技としては、「さいみんじゅつ」がスリーパー、ニョロボン、ゲンガー、デンジュモク、「ねむりごな」がドレディア、バタフリー、「キノコのほうし」がパラセクト、マシェード、といったあたりが代表的です。

「さいみんじゅつ」と「ねむりごな」は命中が低いので、「ヨクアタール」を持っていくといいです。「ねむりごな」「キノコ」のほうしは草タイプに効かないので、カプ・ブルルとカミツルギには無効です。

UBの場合は、適当なパーティでHPを赤色か黄色でも1/3以下ぐらいまで減らしておけば、わりとあっさりウルトラボールで捕まえられます。そのため、上記のような技がない状態でアバウトに行ってもだいたい大丈夫です。

(3)ボールを投げる
おもむろにボールを投げます。普通に捕まえるならハイパーボールかダークボール(夜間)が順当なところ。

カプ・レヒレはタイプ的にはダイブボールやネットボール、カプ・コケコは速いからスピードボール(ガンテツボールなので1個だけ)で捕まえやすいのかな? よくわかりません。

カプの厳選

カプの厳選は、いずれもフィールドの効果が厄介です。5ターン耐えるか、別のカプを連れていってフィールドを書き換えるかしましょう。

■カプ・コケコ
エレキフィールドが効いている間は寝てくれないので、HPを1にしてフィールドが切れてから催眠をかけます。みねうち役はアローラガラガラ、催眠役はデンジュモクあたりが使いやすいです。


↑チーム「カプ・コケコ寝かせ隊」

■カプ・テテフ
普通にHPを1にして眠らせて捕まえます。テテフの難しいのはエスパー+フェアリーの範囲が広いところで、ガラガラは悪くないですが、ニューラやジャラランガなどは安定しません。欲を言えばエスパーとフェアリーを半減できるハッサムが最適です。

催眠はドレディアか何かを使って、あらかじめ「ないしょばなし」で特攻を下げておくとラクになるでしょう。

■カプ・ブルル
まだ。

■カプ・レヒレ
カプ・レヒレは「アクアリング」を使って毎ターン1/16ずつHPを回復してくるのが、非常に凶悪です(アクアリングの効果は永続)。最初「ちょうはつ」で止めようとしましたが、あきらめました。

「やけど」にしてしまえば毎ターン1/16ずつのダメージを与えられ、回復分を相殺できます。回復→やけどダメージの順になるので、倒してしまうこともありません。

(1)ミストフィールド切れを待つ。アクアリングの使用を確認
(2)やけどにする
(3)みねうちする
(4)ボールを投げる

とすると、やりやすいです。やけどは眠りより捕獲率上昇が少ないと思いますが、ダイブボールで厳選したところでは「30~50個投げればだいたい捕まる」って感じですね。5回捕獲にトライした中で1回はPP切れの「わるあがき」自滅まで行ってしまいました。

(未検証の話)霰や砂嵐による天候ダメージもHPの1/16で催眠と両立できますが、確かアクアリングの回復よりも先にダメージが入ったはずなので、みねうちでHPを1→天候ダメージで瀕死 となってしまいます。やけどの方があらゆる面で楽でしょう。

カプ・レヒレの攻撃技はHPを半分にする「しぜんのいかり」以外は水タイプの技しかないので、シャワーズなど特性「ちょすい」のポケモンを連れて行けば完封できます。


↑捕獲直後のカプ・レヒレ

UBの厳選

適当にHPを減らしてウルトラボールを投げればわりと簡単に捕まえられるので、厳選というほど面倒な作業は必要ありません。
※後日加筆の予定。

スポンサードリンク

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア