「めざめるパワー」のタイプ判定と厳選方法

「めざめるパワー」とは?

「めざめるパワー」(めざパ)は、ポケモンが覚える攻撃技(特殊技)の1つです。特徴は、使用するポケモン(個体)の個体値6つの偶数・奇数の組み合わせで使ったときのワザのタイプが変わる(下の判定表参照)ことです。

ノーマルとフェアリー以外の16タイプがあり、理論的にはすべてのポケモンに16種類の中から好きなタイプの特殊攻撃技を持たせられるようになります。

威力は60と低いため、攻撃技として特別強いわけではありません。ですが、対戦では非常に重要な意味を持つ技となっています。

▲ページの先頭へ

めざめるパワーの使いどころ

めざめるパワーは、そのポケモンが本来覚えられないタイプの技を使えるようになります。例えば電気タイプのポケモンの多くは覚えられる技のタイプが少なく、電気技は地面タイプに無効化されるため、地面ポケモンが非常に苦手です。

しかし「めざめるパワー氷」を使えば地面タイプのポケモンに抜群のダメージを与えることができ、対戦で強いガブリアスなどにに致命傷を与えることができます。

ただし、めざパは威力が低いため、有効に使えるのは特攻の高いポケモンに限られます。特殊アタッカーに対して繰り出されることが多い本来の相性でいえば不利な相手に対して使い、形成を逆転するために使うのが一般的です。

例えば、カプ・コケコのめざめるパワー地面(アローラガラガラへの打点)、カプ・テテフのめざめるパワー炎(テッカグヤなど鋼タイプ全般への打点)などです。

▲ページの先頭へ

「Zめざめるパワー」はどうなる?

めざめるパワーを、威力が強い任意のタイプのZワザとして使うことはできません。必ずノーマルタイプの「ウルトラダッシュアタック」になってしまいます。

「めざめるパワー」は本来ノーマル技扱いなので、Zワザとして使うためには「ノーマルZ」を持たせます。そして、使うポケモンの個体値には関係なく「ウルトラダッシュアタックになってしまうようです。残念。

▲ページの先頭へ

めざめるパワーのタイプを判定する方法

めざめるパワーのタイプを教えてくれるキャラクターが、預かり屋さんのカウンター左側にいます。めざめるパワーの技マシンもこの人がくれます。

▲ページの先頭へ

めざめるパワー厳選のコツ

「めざめるパワー」のタイプは個体値で決まるため、ほしいタイプが使えるポケモンを厳選して産む必要があります。

過去のシリーズでは、偶数でも最良の個体値(30)を目指して厳選すると非常に面倒なことになりましたが、サンムーンでは王冠が使えます。個体値は問わずに王冠で上げることにすれば、厳選はさほど難しくはありません。なお「すごいとっくん」で王冠を使って個体値を上げても、めざパのタイプは変わりません。

めざパの組み合わせは、以下の判定表のように各タイプ4、5通りあります(悪以外)が、個体値のどこを偶数にするかで、どの組み合わせを狙うかが決まります。

▲ページの先頭へ

めざめるパワー判定表

※HABCDSは、各能力の個体値(HP、攻撃、防御、特攻、素早さ)の通称です。詳しくは以下のページを参照してください。
能力値(種族値、個体値、基礎ポイント)の仕組み

タイプ H A B C D S
タイプ H A B C D S
ドラゴン
ドラゴン
ドラゴン
ドラゴン
タイプ H A B C D S
タイプ H A B C D S
エスパー
エスパー
エスパー
エスパー
タイプ H A B C D S
電気
電気
電気
電気
タイプ H A B C D S
タイプ H A B C D S
タイプ H A B C D S
タイプ H A B C D S
タイプ H A B C D S
ゴースト
ゴースト
ゴースト
ゴースト
タイプ H A B C D S
タイプ H A B C D S
タイプ H A B C D S
地面
地面
地面
地面
タイプ H A B C D S
タイプ H A B C D S
飛行
飛行
飛行
飛行
タイプ H A B C D S
格闘
格闘
格闘
格闘
格闘

▲ページの先頭へ

スポンサードリンク

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア