バトルハウス攻略4:攻略向けおすすめポケモン

ここでは、メガガルーラ以外のおすすめポケモンを紹介します。3匹とも強い(=おすすめ)ポケモンにすれば楽に攻略できますが、1匹は自分の好きなポケモン枠として、あと2匹をここから選ぶようなやり方でもいいと思います。「強い」だけの理由で使うポケモンを選んでいると、おもしろくないですからね。

ガブリアス(ドラゴン・地面)
素早さ種族値:102
特性:さめはだ(隠れ特性)
おすすめ技:じしん、げきりん、がんせきふうじ、アイアンヘッド、つるぎのまい
おすすめアイテム:いのちのたま、ラムの実、とつげきチョッキなど

安定した強さを誇るドラゴン界のエース。タイプ一致の「じしん」と「げきりん」だけでほとんどのポケモンに等倍を取ることが可能です。あとは、浮いていてドラゴン技を半減できるエアームドやトゲキッス系、地面・ドラゴンともに半減できるエルフーン系などが苦手といえば苦手ですが、ほかのポケモンで対処すればいいでしょう。

特性は「さめはだ」がおすすめですが、通常特性の「すながくれ」でも構いません。

ゲンガー(ゴースト・毒)
素早さ種族値:110
特性:ふゆう
おすすめ技:シャドーボール、ヘドロばくだん、みちづれ、マジカルシャイン、サイコキネシス
おすすめアイテム:きあいのタスキ

高い特攻と素早さを誇るポケモン。特性と合わせてノーマル、格闘、地面の3タイプの技を無効化でき、メガガルーラなどとの相性もいいです。しかしタイプ一致技の威力の低さが難で、意外と一撃で倒しきれないことが多いです。ゴーストならではのいやらしい技「みちづれ」で相手を1匹簡単に持っていけるのが便利です。

ファイアロー(炎・飛行)
素早さ種族値:126
特性:はやてのつばさ(隠れ特性)
おすすめ技:ブレイブバード、フレアドライブ、とんぼがえり、おいかぜ
おすすめアイテム:こだわりハチマキ、いのちのたま

隠れ特性「はやてのつばさ」により常に先制で飛行技を撃てるズルい鳥。飛行技は一貫性が高い(半減できる対象が少ない)ので、あまり何も考えずにブレイブバードを撃っていれば勝てます。

反面で種族値は総じて低めです。長生きを意識しずぎず「いのちのたま」等で火力を補い太く短く活用できるようにして、耐久の高い岩タイプや水タイプなどの苦手な相手が登場したらさっさと交代しましょう。

ゲッコウガ(水・悪)
素早さ種族値:122
特性:へんげんじざい(隠れ特性)
おすすめ技:れいとうビーム、あくのはどう、がんせきふうじ、かげうち、みずしゅりけん
おすすめアイテム:きあいのタスキ、いのちのたま

隠れ特性「へんげんじざい」により、あらゆる技をタイプ一致で撃つことができます。ただ、攻撃・特攻ともに種族値がイマイチ足りないのと、覚える技の威力もイマイチなのが惜しいところ。

幅広いタイプに抜群を取れるようにして、「きあいのタスキ」を持たせるならば「かげうち」か「みずしゅりけん」の先制技も覚えさせておいて、技を出せる回数を最大化するようにして使いましょう。

ルカリオ(格闘・鋼)
素早さ種族値:90(メガシンカ時112)
特性:ふくつのこころ(メガシンカ時は「てきおうりょく」)
おすすめ技:はどうだん、ラスターカノン、あくのはどう、しんそく、バレットパンチ
おすすめアイテム:ルカリオナイト

物理、特殊両面で使えるポケモンですが、ここではメガルカリオとして使うことを想定。技の威力はあまり高くないですが、特性「てきおうりょく」により2倍の威力で撃つことができます。ただ、強敵が多い飛行タイプやドラゴンタイプへの決め手に欠けるので、電気タイプやゲッコウガと組ませるといいでしょう。

▼バトルハウス攻略
バトルハウスの特徴。それまでのバトルと何が違う?
1:速さは力! 「素早さ」の仕組みを知る
2:タイプ相性を生かした戦い方のざっくりとした基本
3:最速ガルーラでバトルハウスを攻略する
4:攻略向けおすすめポケモン

スポンサードリンク

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア