2016年冬発売のポケモン新作「サン・ムーン」は初の中国語対応

ポケモン20周年記念動画「すべてのポケモントレーナーへ」の中で、2016年冬発売予定というポケモン新作「サン・ムーン」が発表になりました。

「サン・ムーン」と聞いたときの印象としては、従来よりも壮大&ポケモンのモチーフとしてはちょっと陳腐では? と感じられました。が、どんな感じになるのかなあ。宇宙で新種のポケモンが大量に発見されたとか、メガシンカやゲンシカイキを超える何かが起きたとかぐらいじゃあ驚かないぞ(期待値を変な感じに上げる行為)!

さておき、フランス語版のロゴがなんかカッコいいです。「ソレイユ・ルナ」という語感ももうなんかむやみにカッコいい。フランス語版でやってみようかなあ、まったく読めませんけども。

20160302-31-pokemon-sun-moon

これまでのから、いわゆる第7世代となる「完全新作」で「ポケモンGO」とも連携するのだと思われますが、現状で明らかになっている情報は、4つだけです。

・タイトル「サン」「ムーン」
・発売は2016年冬(12月?)
・ポケモンバンク対応(初代VC版からの転送も可能)
・9言語対応

最後の9言語対応が、さらっと発表されていますがかなり重要な気がしますね。従来のX・Y、およびオメガルビー・アルファサファイアは、日本語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語の7言語でした。

今回加わるのは中国語の簡体字と繁体字です。巨大市場にポケモンが対応するインパクトは、非常に大きいのではないでしょうか。

「すべてのポケモントレーナーへ」の動画の中では、開発中のビジュアルもちらほら映っています。

▼参考
ニンテンドー3DSバーチャルコンソール用ソフト『ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ』公式サイト

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事