ダンボールで作る。遊ぶ。楽しい! 「Nintendo Labo Camp」に参加してきました

Nintendo Switch+段ボール工作の「Nintendo Labo」が2018年1月に発表になり、こりゃまたすげーとこに来たな! と驚きましたね。そして、小学生と保護者向けの体験会「Nintendo Labo Camp」というイベントが行われるということで応募。幸運にも当選して、参加してきました。

抽選の倍率は大変なことになりそうでしたが、任天堂との接点として息子のポケモンの話をアピールしたのが功を奏したのか…そうでもなかったのかは定かでありません。


会場は、表参道のイベントスペース「SO-CAL LINK GALLERY」です。


中の様子はこんな感じ。Nintendo Laboのキット(Toy-Con)も展示されています。

モノはこちらですね。大きな「ロボット」のみ別キットで、そのほかは「バラエティキット」となっています。

これはもう誰が遊んでも楽しい…!

体験した感想を先に書くと、これはもう誰が遊んでも楽しいモノだと思います。まず自分の手で形を作り上げていくというワクワクや喜びがあって、そのうえで動かして遊べるというのが嬉しい。映像を見て「これは!」と思った人、Eテレ(NHK教育)の工作モノの薫陶を受けてきた人なら、間違いないでしょう。

そして、遊んでいて発見があるのもいい。けっこう複雑な構造+デジタルデバイスなので、作っている過程ですべての動作原理やプレイ体験まではイメージできないと思いますが、遊んでいると「そう来たかぁ!」みたいなところがあって、どうなってんの? と思って、確認して、納得するところまでセットで体験が用意されている感じです。

つくる、あそぶ、わかる」がNintendo Laboのキャッチコピーですが、まさに具現化してるなと思いました。もちろん、息子も大満足でした。

ただ「つくる」から体験が始まるモノなので、「友達の家に行ったら完成品があった」みたいな出会いだと、インパクトは薄いかもしれません。自分の手で作るところから始めるのが大事なんだと思います。

リモコンカーを作る

今回のNintendo Labo Campでは、まず「リモコンカー」のToy-Conを作りました。組み立ての所要時間10分程度とのこと。


Switchの画面で解説を見ながら組み立てていきます。キットの段ボールはミシン目が入っていて手で切り離せ、組み立てにもテープや接着剤は使いません。解説は折り方や組み立て方が超親切な動画で再生されるので、小学校低学年でも1人で組み立てられるくらいだと思われます。息子(小5)はスイスイと1人で組み立てていき、私は見ているだけでした。


細かい演出なんですが、解説画面の[もどる][すすむ]を引っ張るとボタンがにゅーんと伸びて早送りになります。おもしろい。


リモコンカーのコントローラーとなるSwitch本体の、Joy-Conをはめ込む溝にダンボールをはめ込んでリモコン風に。


完成したリモコンカーを動かしています。Joy-Conの振動で前進する仕組みをいまいち理解できていませんが、脚の形状の関係で、前進する方向にだけ力が伝わる…のか? 単純に前傾になってるから??


自動運転しているところ。Joy-ConのモーションIRカメラに赤外線を当てる(?)と、その光に反応して動くようです。この写真だとわかりにくいですが、Switchの本体にモーションIRカメラの捉えた映像が表示されています。そして、自分がモーションIRカメラとはなんぞ? が分かってないことに気づかされました。

シンプルな構造ですが面白くて、白いターゲットを目指して走らせたり、黒い紙の上にテープでルートを作ってそれに沿って走らせたりしました。隣の席の子はモーションIRカメラの前にターゲットを置いてずっと走るようにしていたけど、それって「馬の目の前にニンジンを吊るしたら無限に走る」というマンガ表現のリアル化版ですよね。すごいな発想が。


リモコンカーは1つのキットで2台作れて、競争もできます。デコるにあたって象のパーツを付けられてしまい、象以外にしようがなくなってしまったため、せめてもの抵抗として縞々にしたところ…。

想像以上に「釣り」感がある「釣り」がすごい!!

次に体験したのが「釣り」Toy-Con。全部作ると90分以上かかるとのことでしたが、かなりの部分は事前に作ってある料理番組方式で、20~30分ほどで作りました。


リールの部分を作ります。かなり複雑なんですが、可動パーツがどんどん組みあがって完成し、実際に回せるのがすごく楽しい。充実感がすごい!


リールに糸を通します。糸はいっさい動かず、操作にも関係せず、ギミックとして「気分が出る」以上のものではないはずなんですが、この気分の出方がすごい。

また、リールに小さいダンボールが当たるようにして、カタカタさせることで「巻いてる感」を演出しているのもすごい。早く損傷することが想定されているらしく、このパーツだけ予備があるようなんですが、細かいけどこれの効果が大きいんだなと感心しました。


竿の側にJoy-Con2つをセットし、「海」に相当するパーツにSwitch本体をセットして完成です。


遊んでいるところ。竿の傾きに応じて画面の中の釣り針が動き、魚が引っかかったら魚の逃げようとする方向に竿を向け、逃げられないようにしつつ巻き上げます。

食いついた瞬間にブルッと竿が揺れたり、竿の傾きや巻取り操作を感知したりはすべて竿側のJoy-Conがやっているはずなんですが、ここにヒモが付いているだけで実際に釣りをしている感じになってしまうのがホントすごい。私もやってみたところ完全に脳が騙され、動かないヒモを巻き上げている気分になり、感動しました。

Toy-Conガレージはまだチューンアップ中かも

次に体験したのが、ビジュアルプログラミングツールの「Toy-Conガレージ」。このパートは撮影禁止でした。

見ていた感じ、ここはまだチューンアップ中なのかなという印象でした。コマンドが(私から見て)何を指しているのかよくわからない表現があったし、ビジュアルプログラミングツールの操作で、意図通りに操作できない(UIがイマイチっぽい)ことが多かったと思います。

それはそれとして、モノとしては相当おもしろいものになる可能性を感じました。一例として、リモコンカーをSwitch本体でなくJoy-Conで操作し、ハンドルに見立てて操作したり、釣りToy-Conの巻き上げ操作によって走るようにしたりしていたんですが、思わぬ発想ですごく面白くなる「コロンブスの卵」がたっぷり詰まったコロンブスの卵パックみたいになるかもな、と。

例えば文化祭の出し物のネタとして、いろいろ工夫して楽しめるんじゃないかなあ。いわゆる「プログラミング教材」としては学校の先生の手に負えるものではない気がしますが(Switch導入は難しいだろうと思うので)、親の盛り上げ次第で、家族で楽しめる気がします。

猫のピアノがやばい

その他のToy-Conも体験できましたが、ピアノがすごい。「ツマミ」を入れ替えることで音声を変えられるんですが、猫の音声がすごいことになります。


猫の大合唱状態に…!


「バイク」はお腹に押し付けるようにして操作するもの。私は見ていただけでしたが、これもなかなかバイク感がありそうでした。


「おうち」は横で見ているだけではさっぱりわかりませんでしたが、外にいろんなパーツを指したりひねったりすることで、おうちの中の様子が変わるのを楽しむようです。


そして、1つだけ別売りの「ロボット」。これはすごい迫力です。ギミックも大きくて、思い通りに動かすには慣れが必要そうなところも含め、遊び甲斐もありそう。体験できたのは「街を破壊する」というものだけでしたが、実際のソフトにはほかにもたくさんのステージがあって、いろんなことができるみたいですね。

細かい感想など

耐久性が気になっていましたが、段ボールはかなり頑丈そうで、「釣り」のリールも「ロボット」も、かなりラフな操作をしてもすぐには壊れないように、構造含めてよく考え抜かれているようです。遊びに飽きる前に壊れるということは、あまり心配しなくてもいいように思いました。

ただ、完成したToy-Conはどれもデカいので、きちんと片づけずに踏んずけてしまう…みたいなのが一番の故障の原因になるかもしれません。

先述したようにミシン目つきダンボールや詳細な動画で、組み立ての難度は下げられています。でも、そもそも相当に複雑なものを作るので、トータルではかなり歯ごたえのある工作になりそうです。リモコンカーは簡単でしたが、最初の「慣らし」的な位置づけでもあるのでしょう。

ロボットはけっこうアクションが大きいので、階下が気になる集合住宅で遊ぶのは要注意かもしれません。

プログラミングとかダンボール工作もそうですが、センサーを活用する感覚を身に付ける体験として、非常に有用な気がしました。そして、これは私ぐらいの世代が想像できる以上に重要な気がします。なんとなく。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事