Niantic、(株)ポケモンや任天堂らの出資で2,000万ドル調達

Ingress、そしてPokémon GOの開発元であるNianticから、任天堂、株式会社ポケモン、Googleから2,000万ドル(約24億円)を調達したと発表がありました。

株式会社ポケモンおよびその米国子会社である The Pokémon Company International(ポケモングループ)、Google、任天堂は、初回投資の2000万ドル、マイルストーン達成後の追加投資の1000万ドルを含む、最大3000万ドルをNianticに投資します。私たちはこの資金を、Pokémon GOの開発、Ingressとグローバルで成長するそのコミュニティの成長と進化、そして現実世界を舞台にしたゲームプラットフォームの構築に使っていきます。
Niantic,Inc.、ポケモングループ、Google、任天堂から シリーズAの投資として2000万ドルの資金を調達

これは、独立したNianticの関連企業との関係性や、直近の方向性を明確に示すものだと言えるでしょう。で、まあ、言えるでしょうはいいんだけど、Pokémon GOの続報がなさすぎてちょっと心配しています。なんか出して-!

そして、資金の使い道の2番目に「Ingressとグローバルで成長するそのコミュニティの成長と進化」となっているのがちょっと気になる。「コミュニティの成長と進化」にかなり今後も取り組む意欲があるんだなーと。Ingressで町おこし的なものと同じスキームでPokémon GOでも何かできたら、それは相当に面白そうな感じです。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事