コロコロ2016年8月号でサンムーンのヤバい新ポケモン「ミミッキュ」「キテルグマ」初公開【動画あり】

(2016.7.19追記)
ミミッキュ、キテルグマを含む新ポケモンの紹介動画が公開になりました。

こちらに合わせて情報をアップデートします。


息子が興奮しながらコロコロコミック2016年8月号を持ってきて教えてくれました。ポケットモンスター サン・ムーンの新ポケモン「ミミッキュ」と「キテルグマ」。どっちも一般的なポケモンのトンマナとはどことなく違っていて、なんとも不安感を煽ります。

20160717-11

コロコロにきちんと印刷されていてもなお「もしや雑コラってやつでは?」という疑念を抑えきれませんが、先日公開の公式プロモーション動画「キミの毎日が冒険になる」にもチラッと映っています(1:30、1:32あたり)から、本物なんでしょう。

ミミッキュは「ミミック」=「擬態」が由来らしい

ミミッキュは分類「ばけのかわポケモン」。ゴースト・フェアリータイプで、特性は新特性の「ばけのかわ」。RPGをやっている人ならば「ミミック」というと噛みつく宝箱が思い浮かぶでしょうが、mimicは本来「擬態者」「模倣者」「偽物」といった意味だそうで、そういう感じのようです。

布の中の正体を見たものは謎の病気に苦しむという説明が書かれています。適当に解釈すると、「ばけのかわ」とはHPが1/2ぐらいになったときに相手が「どく」状態になるとか、技「のろい」に似た効果でHPが毎ターン減っていくとか、そんな感じなのかもしれません。動画を見ると、特性「ばけのかわ」はダメージを受けたときに身代わりになるようです。身代わりになる条件が不明ですが、最初の1撃? HPが満タンのとき(だとしたらどうやってダメージを与えるんだ)? 効果抜群以外のとき(だとするとゴーストと鋼だけか)?

無表情さが怖い「キテルグマ」

キテルグマは分類「ごうわんポケモン」。ノーマル・格闘タイプで、特性は新特性の「もふもふ」と「ぶきよう」。とにかく危険な怪力の持ち主で、「トレーナーに抱きついてくるが怪力。育てるのも命がけらしい…。」といった説明があります。

わずか3点のイラストと名前から、「どうもヤバい着ぐるみっぽさ」が伝わります。とにかく無表情で怪力。愛情表現で抱きついてくるのか殺すつもりなのかもわからないんでしょう。中にいる何かについてミニイベントがあるのかもしれません。

特性「もふもふ」は怪力とつながる感じではありませんが、接触技を使ってきた相手の戦意を喪失させる(攻撃を下げる)とかかな? 特性「ぶきよう」の印象と「ミミッキュ」と並んでいるのとノーマル・格闘という希少なタイプから、(メガ)ミミロップの暗黒版みたいな感じがします。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事