「名探偵ピカチュウ」を息子が欲しがったのでイラストを要求した、の顛末

「見たことのないピカチュウが、ここに」がキャッチコピーの新しいダウンロードソフト「名探偵ピカチュウ~新コンビ誕生~」の販売が2016年2月3日から始まりました。息子は特に興味がないのかな? と思っていたんですが、当たり前のように欲しかったらしいので、イラストを要求してみました。

『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』公式サイト
20160204-03

私がなかなか息子が起きている時間帯に帰れないこともあって、わが家では息子が幼稚園のころから「おてがみ」という名の交換日記的なものを続けています。それに「名たんていピカチュウがあしたはつばいですごくほしいからかって」と書かれていたのが2月2日。そうか、興味のある素振りを見せなかったけど、すごくほしかったのか……。漢字使えよ。

こんなときにどうするのがベストか? はお子さんの性格、家庭の事情、教育方針、親子の関係、生活習慣、等々の条件によって異なりますが、わが家の場合、だいたい「ちょっとしたハードルを課す」ことにしています。

別に買ってあげるのもやぶさかではない。だけど「ほしいからかって」で買ってあげられるほど簡単ではない。それに、息子は目の前に何かニンジンがあるとき、いつも以上のやる気と創造性を発揮し、それをニンジンのためだけでなく楽しめるタイプだとわかっています。

ということで、

・お母さんから「スタンプ」を3つもらうこと
・名探偵ピカチュウの絵を描くこと
・終わったら感想文を書くこと

という条件を出してみました。

「スタンプ」というのはベネッセの教育冊子みたいなものに書かれていた「ウチではテストの成績がよかったときやお手伝いができたなどにスタンプを与えて、スタンプが溜まったらお菓子やマンガを買ってあげます」というよそのママさんの話があり、それを読んだ息子が関心を持っていたものです。私はそういう「ご褒美」を常設するのはよろしくないと考えているので導入していませんが、今回、それを提示してみました。

で、描いた絵はこちら。色塗ってほしかったけどまあ…なかなかそれっぽいと言えましょう。

20160204-02

スタンプは漢字の復習やらお手伝いやらで、だいぶ甘いジャッジながら集めていました。

というわけで「名探偵ピカチュウ」お買い上げの条件は揃いました。しかしダウンロードしようとしたらmicroSDの容量が一杯になってるとは…! さすがにここで「ダウンロードできなかった」は今後の信用に関わるのであわてて大容量カードにデータを移して、なんとかダウンロード完了。明日起きたら息子は「名探偵ピカチュウ」を始めるでしょう。楽しみです。

なお、現在「名探偵ピカチュウ」記念のLINEスタンプが無料配信されています。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事