意外と無視できない「改造ポケモン」のリスクについて

ミラクル交換やGTSで普通に遊んでいるだけで出くわす可能性がある「改造ポケモン」の問題について、まとまった記事を書きました。

ミラクル交換・GTSと改造ポケモン(問題点と判定方法)

貴重で嬉しい色違いポケモンだからこそ…

上記記事にも書きましたが、重大な問題点は「普通に遊んでいるだけでそんなに低くない確率で改造(と疑わしき)ポケモンが転がり込んでくる可能性がある」ことと「子供どうしのトラブルのタネになり得る」ことです。

ポケモンを少しやりこんでいる子ならば「色違いポケモン」に眼の色を変えるでしょうし、ミラクル交換でやってきたらそりゃあ喜ぶでしょう。しかし、それが不正な改造データだったとしたら…。

個人的には「自己責任で持ってるなり逃がすなりすれば~」とアバウトに考えていましたが、

  • 最近は無視できない確率でミラクル交換で改造とおぼしきポケモンが来る気がする
  • 実際、どう見ても不正改造なポケモンをミラクル交換で受け取った
  • そういえば息子も海外産色違いが来て改造だと思うから逃がしたと言ってた
  • ランダムフリーで対戦してみると、海外勢のオール色違いパーティとやたらと当たる(乱数調整が当たり前だった時代と同じ感じに思える)
  • ポケモンセンターなんかでは子供同士の手持ちポケモン自慢や交換がよく行われている

といったことを考えると、とりあえず自己防衛のために知っておいた方がいいのかなーと思いました。実際、上記の記事で「ラブラブボール入り夢特性レパルダス」について書きましたが、このデータどう考えてもおかしいぞ? と気付いたのは受け取った1、2週間後でしたからね。それまではナニも考えていませんでした。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事