ポケモンGO 味方ジムのトレーニングで名声を安定して上げる「絶対有利対面」を考える

味方チームのポケモンジムではトレーニングで名声を上げられます。このとき、ジムに配置されているポケモンよりもトレーニングを仕掛けるポケモンのCPが高い場合は100、低い場合は500が、上がる名声の基準値となるようです。

つまり低いCPのポケモンでトレーニングを仕掛けた方が名声を上げやすいけど、当然ながらCPの低いポケモンで勝つのは難しい。でもラクして連勝し、名声を効率よく上げたい(スペシャルアタックを避け損ねてトレーニング失敗するのが面倒でイヤ!)。そこでポイントになるのが、こちらのベトベトン対サイドンです。

20161001-02

ベトベトンはCP1608で、技はどくづき(毒)/ヘドロウェーブ(毒)です。
サイドンはCP1264でベトベトンの約3/4。技はどろかけ(地面)/ストーンエッジ(岩)です。

サイドンは岩/地面タイプなので、毒技にはダブル耐性がありダメージを0.64倍に抑えることができます(ダブル耐性で0.8×0.8になる説をとれば)。そして「ストーンエッジ」は等倍ですが、「どろかけ」では抜群のダメージを与えられます。

この対面では、一歩も動かず攻撃するだけで余裕を持ってベトベトンを倒すことができ、名声は1戦で636アップしました。サイドンのスペシャルアタックが「じしん」(地面)なら、もっと余裕で勝てるでしょう。

ニドキング、ニドクインも毒技にダブル耐性なので、スペシャルアタックが「じしん」だったら強そうです。

ダブル耐性&抜群ダメージならCP差があってもかなり余裕で勝てる

私の行動圏ではジムを取っても5分持たないのが通常なので、そもそもトレーニングをする機会は少ないんですが、うまい具合にトレーニングできる組み合わせをいろいろ試していました。

1つたどり着いた結論は、CPのわりに耐久がやたらと高い「したでなめる」&「じしん」持ちカビゴン&ゴースで、ゴースト技を「いまひとつ」で受けながら、ゴースト&地面技で抜群のダメージを与えていく、という組み合わせでした。

サイドン&ベトベトンは、こちらのタイプ耐性がダブルになっているためか、カビゴン&ゴースと同様の高い安定感があると感じます。またベトベトンはそこそこ強いポケモンなので、それなりの防衛性能とトレーニングしやすさが両立できるのもいいところです。

ベトベトンはマタドガスやアーボック、毒技しかないドククラゲ(水技はサイドンのダブル弱点なので注意)、サイドンはゴローニャでもいいでしょう。草・毒や虫・毒タイプは地面技に耐性がある(等倍)ためイマイチですが、虫タイプのスピアーなら岩技が抜群になります。

ほかに考えられるダブル耐性&抜群の組み合わせ

タイトルに書いた「絶対有利対面」は若干大げさですが、CP差あり、かつ【ダブル耐性&抜群】の超有利対面であれば、そこそこのジム防衛性能を持ちながら短時間で安定してトレーニングを繰り返し、名声を上げられます。

ほかに考えられるのは、リザードン(炎・飛行)&パラセクト(草・虫)という組み合わせ。リザードンは草と虫技にダブル耐性があり、パラセクトは炎と飛行技がダブル弱点があって【ダブル耐性&ダブル抜群】となる、最強の有利対面です。ただ、リザードンがCP高めなのに対しパラセクトは低めなので、狙ってCPの低いリザードンを作る必要があります。


(2016.10.2追記)
うっかり忘れていましたが、ゴルバット(毒・飛行)も草技と虫技にダブル耐性がありました。ゴルバットの技がかなり弱いけど、つばさでうつ/エアカッターのゴルバットとパラセクトは、比較的入手しやすくていいかもしれません。


レアコイル(電気・鋼)は飛行と鋼技にダブル耐性を持ちますが、種族としての耐久値が低すぎるのでタイプ耐性を生かしきれないでしょう。

反対に、レアコイルのダブル弱点である地面を突く形で、サンドパンやダグトリオなど電気に耐性がある地面タイプ&レアコイルで【耐性&ダブル抜群】となり、うまい組み合わせが作れるかもしれません(レアコイルが覚える鋼タイプの技は岩タイプに抜群なので、岩タイプ持ちは要注意)。

【耐性&ダブル抜群】の組み合わせは、岩技を使えるサイドンやゴローニャのほか、イワーク、プテラなどの岩タイプ&リザードンの組み合わせも考えられます。岩タイプは飛行・炎技を半減し、岩技は飛行&炎タイプであるリザードンのダブル弱点を突くことができます。

さらなる考察の余地

ジムにいるポケモンの技がタイプ不一致ならタイプ一致ボーナスがなくなるので、ダブル耐性でなく単耐性でも同じ被ダメージとなります(タイプ一致ボーナス1.25倍がなくなるのは、タイプ耐性による0.8倍と同じと考える)。タイプ不一致技の多いポケモンと組み合わせて、同じような「絶対有利対面」が考えられるかもしれません。

ただタイプ不一致技持ちのポケモンはどんな相手に対しても弱くなるので、ジムの防衛性能は落ちます。

あと、単純な時間あたりの稼ぎ効率として「CP10のコイキングを置いて瞬殺しまくる」みたいな手法と比べてどちらが効率いいのか? という点は考えていません。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事