【バトルロイヤル攻略】ポケモンセンターのキテルグマ大会考察

2017年5月7日に、全国のポケモンセンターでキテルグマのバトルロイヤル大会が行われます。勝利者には、なんとキテルグマの手ぬぐい(たぶん非売品)が!!

バトルロイヤルは4人が1グループで戦い、誰か1人が最終的に勝ち抜けるルールで、単に対戦がうまいから勝てるというものでもありませんし、初心者でも何となく勝てる可能性もあります。では、どうやったら大会を楽しんで、なおかつ手ぬぐいをせしめて帰れるのか、ちょっと考察してみましょう。

▼関連記事
ポケセン配信キテルグマは特性「きんちょうかん」。バトル大会では「手ぬぐい」がもらえる!

バトルロイヤルとは? と大会のルール

  • 4人で対戦し、各トレーナーは3対のポケモンを選出します(おそらく大会でも手持ち6匹の中から3匹選出)
  • 3匹のうち1匹はポケモンセンター配信のキテルグマを絶対に選出する必要があります
  • 誰か1人のポケモンが全滅した時点で試合終了です
  • 試合終了時に「生き残ったポケモン+自分が倒したポケモン」の数がいちばん多い人の勝ちです(ほかの3人は等しく負け)
  • 大会に出せるポケモンは、アローラ図鑑のポケモンだけ、ただしソルガレオ、ルナアーラ、マギアナなど伝説のポケモンは使えません
  • メガストーンは使えません(だいたいWCS2017ルールのバトルロイヤル版です)

基本戦術

誰かが全滅した時点の「生き残り+自分が倒したポケモン」数で勝負が決まるため、できるだけ自分のポケモンを失わないようにしつつ相手のポケモンを2、3匹倒すことを狙うのが基本戦術になります。

最初に飛ばしてほかの人のポケモンを倒しまくると自分が突出してしまい、3人からの集中攻撃を受けやすくなりますが、最後まで動かな過ぎると、3匹とも生き残っていても倒したポケモンが足りず負けることになります。

無難なパターンとしては、最初は突出したりポケモンを失ったりすることがないよう慎重に動きながら1、2匹倒して勝利が狙えるポジションをキープしていき、勝負が見えた(誰かが残り1匹になった)ところで抜け出して勝ちを掴む、という感じになります。

とはいえほかの3人の行動で展開がぜんぜん変わるので、明らかに強い人を先に叩いておくなど柔軟かつ臨機応変な動きをしないと、いつのまにか試合が終わっていたりします。

自分のポケモンを失わないようにするには「まもる」をうまく使うことが大事です。

複数の相手を攻撃できる技(「じしん」「マジカルシャイン」「いわなだれ」など)は相手3匹すべてを攻撃でき、ダメージはシングルバトル時の1/2になります。決定打にはなりにくいので注意が必要ですが、削れた相手をまとめて倒せる可能性があります。

大きく削れた相手を確実に倒して自分のポイントにするため、先制技(「でんこうせっか」「しんそく」「アクアジェット」など)もわりと有用です。

配信のキテルグマの特性は「きんちょうかん」(相手が木の実を食べられなくなる)なので、まずポケモンに木の実を持たせても使えないと思われます。

楽しい技、ポケモン

「何かしら盛り上げ要素がある」「無駄なヘイトを買わない」あと「キテルグマを殺れる」技を中心に、バトルロイヤルで使うと楽しい技とポケモンをピックアップしてみました。

ゆびをふる(カビゴン、ピクシー、ハピナス、グランブル)

「ゆびをふる」は、ポケモンのすべての技(一部の特殊な技を除く)から1つをランダムで出す技。なお「ノーマルZ」を持って「Zゆびをふる」にすると、出た技のタイプに合わせたZ技になります。出たとこ勝負ですが、ヘンな技が出るほど盛り上がる技と言えましょう。

今回のルールでこの技を使えるのは、カビゴン系、ピクシー系、ハピナス系、グランブル系のみ(ドーブルがスケッチによって覚えられますが省略)。なお、カビゴンはゴンベのときだけ覚えます。ハピナス系とグランブル系は遺伝技で覚えさせる必要があります。

この中で、いちばん強そうなのは指をふりつつ「ムーンフォース」でキテルグマで致命傷を与えられるピクシーでしょうか。ほかにカプやミミッキュを使いたいときにフェアリータイプがだぶるのが少々悩ましいですが。

ピクシーは「スポットライト」(誰かにスポットライトを当て、そのターンの攻撃がそのポケモンに集中する)という非道な技も覚えられるので、自分がリードした展開で他者を蹴落として勝ちを固めたいときにはいいかもしれません。技構成は「ゆびをふる」「ムーンフォース」「スポットライト」「まもる」で。

安定した耐久を持つカビゴンも狙い目でしょう。ただ、キテルグマの「ばかぢから」でだいたいワンパンキルになってしまうので注意が必要ですが。せっかくなので早期購入者特典でもらった「ほんきをだすカビゴン」になるゴンベもいいと思います。


炎と氷タイプの技を半減する特性「あついしぼう」は、このルールでおそらくいちばん使える特性です。技は「ゆびをふる」「まもる」のあとは「おんがえし」「じしん」あたりが無難かな?

だいばくはつ(シルヴァディ、ゴローニャ、メタグロスなど

自分は自爆して瀕死になりますが、ほかの3体に大ダメージを与えて一気に優位を取れる可能性もある技。とりあえず「こいつやべえ!」という感じになります。

ただし、ある程度わかっている人なら当然警戒して守ってくる(爆発したターンに「まもる」で防がれると自爆損)可能性も高いのと、バトルロイヤルでは威力が半分になるため、HP満タンのポケモンをなかなか落とせないことには注意を。「初手だいばくはつ」は無駄自爆になる可能性が高いです。

トリックルーム(ミミッキュ、ポリゴン系、アローラナッシーなど)

素早さを逆転して、次のターンは遅い順に行動できるようにする技。バトルロイヤルで使っても自分自身ではほとんどメリットを得られないと思われますが、高速高火力アタッカーを揃えてガチで勝ちに来た人の意表は突けます

トラップシェル(バクガメス)

バクガメス固有の技。そのターンに物理技(接触、非接触を問わず)を受けたら、高威力の炎全体技をぶっ放します。物理技を受けないと不発に終わります。非常にクセの強い技でありバクガメス自体もクセの強いポケモンですが、決まったときのドヤ感は高いです。


なおキテルグマに致命傷を与えられるほどのダメージにはなりません。が、バクガメスの物理耐久は高いので「じゃくてんほけん」を持たせておくのも悪くないかもです(「じゃくてんほけん」で特攻が上がってもキテルグマを1発で持っていくのは厳しいです)。

相手が特殊アタッカーばっかりのときはトラップシェルが発動できないのでやめましょう。

Zじゃれつくミミッキュ

なんだかんだでこの大会で幅を利かせそうなのが、キテルグマのタイプ一致技(ノーマル、格闘)を無効にでき、特性「ばけのかわ」で攻撃1発は確実に耐えられるミミッキュ。「Zじゃれつく」ならキテルグマも余裕で1発です。

場の様子を見て攻撃を上げられ、かつ先制技も備えた「まもる」「つるぎのまい」「かげうち」「じゃれつく」みたいな構成が強いんじゃないでしょうか。

このサイトの管理人

小林 祐一郎@heartlogic
息子と一緒に始めた「ブラック2・ホワイト2」で初めてポケモンに触れる。対戦を少々嗜み、好きなポケモンはコジョンド。つらい思い出の多い技は「とびひざげり」。休日はポケモンセンター周辺によく出没します。

この記事をシェア

関連記事